茨城県の牛久市と言えば、

牛久大仏

ですよね。

1992年に完成したこの大仏は「全長120メートル」の規模を誇ります。

自由の女神の3倍、奈良の大仏の8倍に相当する高さ。

総重量は4000トンを超えるまさに「超重量系の大仏様」です。

嬉しい事に、牛久大仏には「展望台」という「金を払えば」登れる空間も用意されています。

展望台は地上から85メートル。

地上からは大仏を仰げて、展望台からは牛久を一望できます。

 

この話を聞いて、ウズウズしてきましたね?

ただ、1点だけ「牛久大仏のアクセス」は注意が必要、と言っておかねばなりません。

特に電車やバスを用いた「自家用車に頼らない方」は油断禁物です。

 

牛久大仏の公式ページには、アクセスについて以下のように書いてあります。

電車
JR常磐線「牛久駅」下車

タクシー
JR常磐線「牛久駅」東口、または「荒川沖駅」東口より(約15分)

バス
JR常磐線「牛久駅」「東口2番乗り場」から乗車、「牛久大仏・牛久浄苑」行きまたは「あみプレミアムアウトレット」行きに乗り、「牛久大仏」停留所下車(約20~30分) 【運賃】 平日片道680円 土日祝日片道(直行便)520円

なるほど。

牛久駅からバスでアクセスできる、と。

 

牛久駅東口から「牛久大仏・牛久浄苑」もしくは「あみプレミアムアウトレット」行きのバスに乗り、「牛久大仏」で降りればたどり着ける、と。

 

しかしながら、大仏行きのバスは少ないのが現状です。

公式ページをみると、以下の時刻表であると判明。

 

実に、1時間1本のペースです。

平日に至っては「9時00分から14時05分までしか」運行していません。

それ以降の時間帯は、どう足掻いてもバスで牛久大仏へ行けないのです。

休日は9時23分から17時03分まで出ています。平日より遅い時間まで対応していますね。

 

そして、もっと警戒が必要なのは「帰りのバス」です。

なんと、「牛久大仏」から出て「牛久駅」終点のバスも同様に多くありません。

平日の場合、牛久大仏発の最終バスはなんと、

15時00分。

このバスを逃すと、牛久駅に帰れず、大仏と夜を過ごすことになります。

休日は17:35が最終バス

 

以上のように、平日も休日も1時間に1本のペースです。

平日に至っては、14時以降になると牛久大仏にいけません。

そして、15時を過ぎると大仏から牛久駅に戻れなくなる世界です。

 

わたし自身、牛久初心者だったこともあり、バス事情を把握せず、平日の昼過ぎに牛久駅へ到着しました。

時、すでに16時。

 

グーグルマップで「17時まで牛久大仏は営業している」と情報をつかんでいたので、それを信じてギリギリ間に合う時間帯に到着したのですね。

16時に駅を出発しても、ギリギリセーフで大仏に入れると思っていました。

 

しかしながら、上述の通り、牛久駅発のバスはすでに存在せず、タクシーで行かざるを得ませんでした。

泣く泣くタクシーで大仏へ向かったところ、3300円の運賃がかかりました。

 

しかも、この時すでに、牛久大仏はラストオーダーを終え、閉鎖の準備を始めていたんですね。

チケットカウンターに息を切らして駆け込むと、

営業は17時までだが入場は16時まで

という「衝撃の事実」を知らされたのです。

 

この時すでに16時16分だったので、結局大仏には入れず。

外から眺めるしかありませんでした。

そしてもっと、悲劇的だったのが、帰りのバスが15時で終わっていたこと。

タクシーのドライバーも、この大仏事情を知っていたらしく、わたしを大仏へ連れて行ってから

「帰りどうするの?バスないよ?駅まで送ってこうか」

という「悪魔のような誘い」を持ちかけてきたんです。

 

さすがに、片道3300円のタクシー代を、大仏に入れず終わった経験のために払いたくありません。

また、ドライバーの足元を見るような態度にイラッとし、一泡吹かせたくなりました。

「いや、歩いて帰ります」

と、ドライバーの誘いを蹴ってしまったのです。

 

さあ困りました。

 

「タクシーで3300円の距離」を徒歩なんて、あまりにも過酷ではありませんか。

一体、いつ、牛久駅につけるんだっていう。

そんな大逆境の中、Googleマップを開くと「あること」に気づきました。

それは、牛久大仏の近くに「あみアウトレットモール」があること。

「モールに行けばバスがあるかもしれない」

と思い立ち、徒歩で「あみアウトレットモール」を目指しました。

その距離、徒歩20分。

すると・・・・・やはりありましたありありました!

なんと「あみアウトレットモール」から「JR荒川沖駅」までバスが出ていたんですね。

しかも、牛久大仏のバスが終了した15時以降も1時間おきに、平日も休日もバスが運行していたんです!

しかも、料金は安く、ICカードなら「片道350円」。

素晴らしい。

これだ、と。

 

バスが来るまで「あみアウトレットモール」で時間を潰し、なんとか無事に生きてJR荒川沖駅にたどり着きました。

そして、翌日、前日の経験をいかして早めに、牛久大仏へ乗り込みました、とさ。

めでたし、めでたし、と。

 

そうです。

牛久大仏のアクセスは牛久駅からだけでなく、

「JR荒川沖駅」から「あみアウトレットモール」を経由する

という裏ルートが存在していたのです。

神に、いや、大仏に助けられた出来事でした。

なぜ、今まで牛久駅に執着していたのか?

と、視野の狭さが情けなくなりますね。

牛久大仏のバスにハマっている方は「あみプレミアムアウトレット経由」で移動してみてはいかがでしょう。

 

それでは!

Ken