昨今、新型コロナウイルスの影響でこれまでの日常とは違った新しい生活を強いられるようになってきました。

そのためあってか、新聞・テレビなどのニュースでも「コロナ」というカタカナ3文字を見かけない日はありません。

そんな今では

コロナ = 新型コロナウイルス = SARS-CoV-2

と世間では認識されています。

 

しかし、それでは、2020年のパンデミックが起こる前までの世界で、「コロナ」は何と認識されていたのでしょうか。

何を隠そう、僕にとっての「コロナ」は

カメのエサ

だったのです。

 

僕は以前、子供の頃、ハムスターを飼いたいと母にせがんだところ、交渉がもつれ込んで

カメを飼ってもらう

という結果に落ち着きました。

自分から飼いたいと言い出したので、当然、カメのエサは自分で選んで買ってこなければなりませんでした。

当時、ぼくが好んで買っていたのが「コロナ」というカメのエサです。

 

もう随分昔のことなので、カメのエサ「コロナ」を忘れていたのですが、昨今、新型はコロナウイルスのニュースを何回も耳にし、

「あ、そういえばカメのエサってコロナだったな」

と急にコロナを思い出したのです。

 

記憶は曖昧でしたが、試しに「カメのエサ コロナ」とググってみると、やはりありました。

これです。

 

パッケージは青色で、カメのイラストがデカデカと全面に描かれているタイプのエサですね。

中身はドーナツのような丸いタイプのエサで、僕のカメもよく好んでコロナを食べていました。

コロナをみると、当時僕が飼育していたカメのエサを食べる様子が目にありありと浮かんでくるではありませんか。

カメのエサを食べる様子ってじつは独特で、ずっと等速でエサに近づいていくのではありません。

最初はゆっくり近づいて、エサの直前でぐっと速くなる鋭い食べ方をするのです。

音を言葉で表すと、

スーーーーーー、グッ

って感じです。

このエサは割と大きいサイズで、カメは一口では食べきれず、何回かかじりついて小さくして食べていましたね。

いやあ、懐かしい。

 

今ではこのカメのエサは販売中止。

「えっ、じゃあ今までコロナを好んで食べていたカメはどうすれば?」

と思うかもしれませんね。

じつは、コロナにものすごく似たタイプのエサに「プチコロン」というものが販売されていました。

こちらはケースの色もイラストもコロナにそっくり。

中身のエサの丸い特徴まで似ているではありませんか。

もしかしたら、同じ会社が引き続き販売しているのでしょうか? ブランドネームだけを変えた可能性もあります。

 

試しにレビューを見ていると、やはりかつてのコロナ愛好者(カメ)が重宝していると書かれていて、コロナの代替品としてプチコロンが愛用されているようです。

そんな一昔前のことを思い出す、今日このごろなのでした。

LINEで送る
Pocket