先日、学生時代によく食べていた「肉じゃが定食」に挑戦したところ、

まさかのギブアップ。

肉じゃがを完食できませんでした。

大きな肉じゃが2つ入りの定食で、1つのジャガイモはたいらげましたが、もう1つは手がつきませんでした。

満腹すぎて後半は

「ただの1点」しか見つめられなくなりました。

 

久しぶりに自分を追い込みましたが、

満腹すぎて一点しか見つめられなくなる

という現象は過去に経験したことがありました。

 

当時大学の近くにすた丼屋「吉祥寺どんぶり」が営業していて、よく通っていたんですが、その中のメニューに

「破壊王」

が用意されされていました。

「総重量1.6 kg、肉5倍、飯2倍」のモンスター級メニューですね。

僕はすた丼が大好きだったので、破壊王に挑戦してみることに。

大好きなスタ丼を1.6 kgも食べれるんですから、幸せに決まってるじゃないですか。

しかも、完食すれば、お店に写真を載せてもらえるおまけ付き。

 

ってことで、早速挑戦してみたんですが、あろうことか、

すた丼が美食と感じるのは「開始10分のみ」。

半分以上残っているのに、身体のあちこちから黄色信号が灯りはじめ、完食は困難を極めました。

満腹感がめぐる前にすた丼を減らすため、必死の形相で箸をスピードアップ。

しかし、残り4分の1で、突如、箸が進まなくなり、

「すた丼の1点」しか見つめられません。

 

そんなこんなで、箸を進めず、すた丼を睨み続けていると、店員さんが一言。

そうそう、苦しいでしょ? 本当に追い込まれると1点しか見つめられなくなるんですよ。ここからが勝負ですよ

と、数々の挑戦者を見届けてきた店員さんに、鼓舞され、ようやく箸を再び動かし始めました。

限界を超える時にはみんながみんな、

料理の1点しか見つめられなくなるフェーズ

が訪れるようです。

 

根性ですた丼を「味噌汁の如く」身体に流し込み、なんとか完食。

スタートから40~50分かかっていたと思います。

 

丼を平らげた写真を撮ってもらい、完食者としてお店に展示してもらいました。

そして、破壊王の完食者には次の証明書が発行されます。

なんと、破壊王を完食すると、卵を無料で「温玉」に変えてもらえるのですね。

そして、その有効期限は「山本モナ アナウンサーに復帰するまで」。

僕が破壊王を完食したのは、2008年の夏頃だったと記憶しています。

 

Wikipediaよると、山本モナがアナウンサーに復帰したのが2009年1月22日ですので、

約半年間、温玉に変えてもらえた

と判明。

ただ、破壊王を完食してから、すた丼に嫌気がさし、それ以降、すた丼から遠ざかりました。

「温玉変更の恩恵」は受けず、気付いたらそのお店は廃業になり、また別のすた丼屋さんになっていましたとさ。

 

それでは!

Ken