忘れ物すると痛い・・・・!

誰しもたまにやってしまう「痛いこと」の1つに忘れ物がありますよね。

今まで身につけていたものが自分の不注意で突如なくなってしまい、狼狽し、焦り、嘆くことになるでしょう。

大切なものを忘れてきてしまうと、平凡な日常が急に不運でアンラッキーな一日になってしまうので不思議です。

僕も先日、この悪しき「忘れ物」をやってしまいました。

手に持っていたはずの洗濯物、衣類が入った手袋手提げをどこかに忘れてきてしまったのです。

その袋の存在を忘れて、日常を送っていたらいきなりふっと、

「うっわ、あの袋なくなってるやん!?」

と忘れ物に気づいてしまったのです。

 

忘れ物を見つけるコツ

このように大事なものを忘れてきてしまった時は次の方法を試してみてください。

僕はこれで無事に忘れ物を発見できました。

 

最後の目撃シーンを思い出す

まず忘れてきてしまったものを

一番最後に目で見た時のことを思い出しましょう。

頭の中の記憶をたどって頑張って思い出してください。

例えば、

「あの袋を持っていたのは・・・・あ、そーだ。あの階段を上る時は手すりは捕まるために荷物を右手から左手に入れ替えてたわ!」

みたいな感じです。記憶の中にどこかしらその荷物が登場しているシーンがあるはずです。

ただ、人間の記憶はものすごく危ういものなので、一番ベストなのが「証拠写真」を見つけること。

過去に何気なく撮った写真の中に、今はなき忘れ物がバッチリ写っている可能性もあります。

写真に写っていればそれは決定的な証拠。

写真でも記憶でも使えるものは全部使って、何とか最後の忘れ物の目撃シーンを思い出しましょう。

 

最終目撃地の近くの「忘れ物センター」に行く

次は最後の目撃シーン付近の忘れ物が集まる場所に行ってみましょう。

例えば、東京駅の階段を登っている時に最後に忘れ物を見かけた記憶があるならば、東京駅の忘れ物センターに行けばいいのです。忘れ物の集積所がどこかわからない場合は、周囲のスタッフに聞くといいでしょう。

 

現場検証(最終目撃シーン〜忘れ物に気づくまで)

それでも忘れ物が見つからない場合はどうしたらいいんでしょうかね?

僕がオススメするのは現場検証です。

ズバリ、過去に自分が辿った道を、もう一度自分の足でたどってみるのです。

 

具体的にいうと、

「最終目撃シーン」から「忘れ物に気づく瞬間」までの道のりを再現するのです。

 

例えば、東京駅一階のレストランで食事中、忘れ物に気づいたとしましょう。

このとき、最終目撃シーンが京葉線のホームの階段を上っていた時だとします。

このケースだと、

最終目撃シーンの(京葉線のホームの階段)から東京駅1Fのレストランまで

をもう一度、歩んできた道をもう一度記憶を頼りに再現してみるのです。

 

嘘のように聞こえるかもしれませんが、現場検証していると、あるところで身体に電撃が走ると思います。

僕の例でいうと、

ホームから改札を抜けるところにあったデパートのトイレに行った時に全身に電流が流れました。

はっ、ぼくはトイレに荷物を忘れたんじゃないか!?

と、いきなり思い出したのです。

 

確か小便をする時に手荷物が邪魔だったので、便器の上の棚に載っけていたと思い出すことに成功。

早速、それらしきトイレに行ってみました。

 

ただ、僕が思い出した時にはすでに時が遅し。

トイレの棚には手荷物が残っていませんでした。

 

そこで、最後の希望で、そのトイレの忘れ物がたどり着く忘れ物センターに行くことにしました。

清掃員の方に聞いてみると「防災センター」という場所に行き着いているみたいなので防災センターに行くことに。

しかしながら、デパートの地図のどこにも「防災センター」の場所が示されていなかったので、警備員の方に聞いていたところ、連れてってもらいました。

そこはデパートの関係者しか入れない場所で、そこで忘れ物について聞いてみると本当にあったのです。

 

いやー嬉しかったですね。

今回の忘れ物は衣類だったので、そんなに紛失しても痛くありませんでしたが、衣類を書い直す費用がかからずに助かりました。

拾ってくれた方、本当にありがとうございました。

 

このように、段階を踏んでちゃんと忘れ物を整理して、現場検証をすると忘れ物が見つかるかもしれません。

僕と同じように忘れ物をして萎えている方は、

  1. 最終目撃シーンを思い出す
  2. 最終目撃シーン近くの忘れ物センターへ
  3. 現場検証

というステップを踏んで諦めずに忘れ物を探してみてください。

 

それでは!

Ken

LINEで送る
Pocket