今回はITパスポート試験の過去問で表計算の問題が出題された、

平成21年春季の過去問題

にチャレンジしてみましょう。

 

セルA1~A10に表のような数値が入力されており, セルB1~B10に計算式が入力されている。 このときのセルB1~B10の計算結果とセルC1~C10の計算結果がそれぞれ同じ数値となるようにするために, 最初にセルC10に計算式を入力し, 次にセルC10をセルC1~C9に複写したい。 セルC10に入力する計算式として, 正しいものはどれか。

 

  • ア 合計(A$1~A10)
  • イ 合計(A$1~A$10) – 合計($A$1~A10)
  • ウ 合計(A$1~A$10) – 合計($A$10~A10)
  • 工 合計(A$1~A$10) – 合計($A$1~A10)+A10

 

(ITパスポート試験 平成21年度 春期分 問87より)

 

この問題のゴールは、

「B1〜B10」と「C1~C10」の結果が瓜二つになること。

つまり、まずは値がわかっている「B1〜B10」に何が入るのかを考えねばなりません。

 

B1からB10に入っている計算式をスラーっとみてみると、こ、これはズバリ、

A1を上から順にA10まで足し上げる計算プロセス

ではありませんか。

 

つまりC10に入る値は、

A1からA10をすべて足した数値

になるはず。

この時点で、計算結果がゼロになる「イ」と「エ」の選択肢は消去できます。

 

さて、残る選択肢は「ア」と「ウ」ですが、まず「ウ」をみましょう。

「ウ」の前半の数式「 合計(A$1~A$10) 」は行番号に絶対参照がついています。

したがって、C10からC1まで計算式を複写した時にも、行数は動きません。

前半の「合計(A$1~A$10)」は、C10からC9に複写したとしても、ずーっと「A1~A10」を足したものに相当します。

 

次は、後半の「合計($A$10~A10)」に注目してみます。

こちらは「$A$10」が行数列数ともに絶対参照になっていますが、「A10」は相対参照になっています。

つまり、複写すると、列も行も動くのです。

 

C9にC10の式を複写すると、A10が1行上に動くので、

合計($A$10~A9)

になるはず。

つまり、C9に複写した場合の数式は、

合計(A$1~A$10) – 合計($A$10~A9)

となります。これは A10からA9までの値をA1~10の合計から引いている値、つまり、

A1~A8の合計値になります。

左隣のC9は「A1~A9の合計」になっていますから、これではB9とC9が一致しませんよね。したがって、選択肢「ウ」もおかしいわけです。

 

さて、残る選択肢「ア」をみましょう。

合計(A$1~A10)

セル範囲の開始が「A$1」となっていて、列番号に絶対参照が入っています。

ということは、C10の計算式をC9に複写したとしても、行が1つ上に動きますので、計算式は、

合計(A$1~A9)

になるはず。

つまりこれは「A1からA9まで合計したもの」に等しくなりますので、これはB9に入る数値と一緒です。

 

ってことで、長くなりましたが、この問題の正解は「ア」です!

 

以上、わたしなりの解法を紹介してきましたが、この問題をとくために必要な知識は、

「相対参照と絶対参照の違い」です。

こちらの記事にて「表計算ソフトの複写」を解説していますので、知識があやふやになっている時は復習してみてください。

 

それでは!

Ken