Google Home で目覚ましアラームを設定してみたい!

どうも、Kenです。シャツの丈、長めにとってます。

 

Google Homeが自宅に来てから生活が改善されました。

タイマーを設定できたり、天気を聞けたり、ショッピングリストを作成できたりともうおんぶに抱っこ状態。

そのうちのひとつの機能として、

目覚ましアラーム機能

が気にいってます。

 

このアラーム機能を使えば、

指定した時刻に Google Home がアラーム音を発してくれ、深い眠りから起こしてくれることになります。

今日はこの目覚まし・アラーム機能の使い方を、

  • 基本技
  • 応用技

にわけてわかりやすくまとめておきました。

 

 

Google Homeの目覚ましの使い方〜基本編〜

まずは次の基本技をマスターしておくと良いでしょう。

 

目覚ましアラームを設定する

まずは基本の基本。

目覚ましの時間を設定しましょう。

目覚ましの時間を設定したい時は、

ねえGoogle、◯時に目覚ましを設定して

という感じで、起こしてほしい時刻を伝えればオッケーです。

 

たとえば、朝の7時に目覚ましアラームをセットしたい場合は、

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”R1″ icon=”ken.jpg” name = “ヒト”]ねえGoogle、7時に目覚ましを設定して [/speech_bubble]
[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”googlehome.png” name = “Google Home”]はい、2月25日の午前7時にアラームを設定しました。 [/speech_bubble]

と会話を展開させるといいですね。

 

Google Home は大変親切なことに、日時と設定時間をリピートしてくれますので、間違いないか最終確認しておきましょう。

また、不明瞭に発音したり噛んだりすると間違った時刻にアラームを設定してしまうことがあります。

ぼくは滑舌が良くない方なので、7時30分と発音したら Google Home が1時30分と認識してしまい、危うく丑三つ時に起こされるところでした笑

 

アラームの時刻を確認

ちゃんと設定できているか怪しい時はアラームの時刻を確認しましょう。

確認の仕方は簡単で、

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”R1″ icon=”ken.jpg” name = “ヒト”]ねえGoogle、アラームは何時? [/speech_bubble]
[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”googlehome.png” name = “Google Home”]2月25日の午前7時です [/speech_bubble]

という感じでしゃべるとアラームの時間まで教えてくれますよ。

 

目覚ましアラームを削除する

もし、目覚ましの時間が間違っていた場合は、Google Home 経由でアラームを削除しましょう。

削除の仕方も簡単で、

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”R1″ icon=”ken.jpg” name = “ヒト”]ねえGoogle、 アラームを削除して [/speech_bubble]
[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”googlehome.png” name = “Google Home”]はい、オフにしました [/speech_bubble]

と、アラームをオフにしてくれます。

 

目覚ましを止める

さて。アラーム設定時刻になると、Google Home から目覚ましの電子音が流れ始めます。

やかましいのでとめたくなりますよね??

そういう時は「ねえGoogle、とめて」といえばオッケーです↓

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”R1″ icon=”ken.jpg” name = “ヒト”]ねえGoogle、 アラームを削除して [/speech_bubble]
[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”googlehome.png” name = “Google Home”]ピリリ、ピリリ [/speech_bubble]
[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”R1″ icon=”ken.jpg” name = “ヒト”]ねえGoogle、 とめて [/speech_bubble]
[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”googlehome.png” name = “Google Home”]・・・・ [/speech_bubble]

 

 

 

Google Homeの目覚まし機能の使い方〜応用編〜

続いて、応用編です。

 

目覚ましを繰り返し設定する

目覚ましによっては毎日鳴らしてほしかったり、平日のみ稼働してほしかったりしますよね。

そういった細かい調整も Google Home では可能です。

 

毎日アラームを設定したかったら「毎日」、平日だけならしたかったら「平日」という言葉をつけて目覚ましを設定するといいでしょう。

たとえば「平日だけ」ならばこんな感じになります。

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”R1″ icon=”ken.jpg” name = “ヒト”]ねえGoogle、 平日の朝7時に目覚ましをセットして [/speech_bubble]
[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”googlehome.png” name = “Google Home”]はい、土日を除く平日の朝7時にアラームをセットしました [/speech_bubble]

 

スヌーズ機能

目覚ましがなってしまったけれども、もう少しちょっとだけ寝たいと言う時があるでしょう。

そういう時は目覚ましがなった時に、

ねえGoogle、 〇〇分スヌーズ

と喋りかけると自動的に設定してくれます。

たとえば会話例としてはこんな感じ↓

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”googlehome.png” name = “Google Home”]ピリリ、ピリリ [/speech_bubble]
[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”R1″ icon=”ken.jpg” name = “ヒト”]ねえGoogle、 5分スヌーズして [/speech_bubble]
[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”googlehome.png” name = “Google Home”]はい、5分スヌーズします [/speech_bubble]

 

5分後・・・・・・・・・・・

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”googlehome.png” name = “Google Home”]ピリリ、ピリリ [/speech_bubble]
[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”R1″ icon=”ken.jpg” name = “ヒト”]ねえGoogle、 5分スヌーズして [/speech_bubble]
[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”googlehome.png” name = “Google Home”]はい、5分スヌーズします [/speech_bubble]

 

 

さあ、Google Homeの目覚ましアラーム機能を使ってみよう!

以上が Google Home の目覚ましアラーム機能の使い方でした。

理想としては、電子音で目覚ましを設定するのではなく、好きな音楽やラジオ番組が流れるといいのですよね?

こちらの機能はまだ日本語版の Google Home では実装されていないようです。

ただこちらのニュースによりますと、アメリカの英語版では設定可能になったみたいなので、そのうち日本語版の Google Home でも利用できるかもしれません。

目覚ましのかけ方をマスターしたら次は「タイマーの設定方法」を学んでいきましょう。

 

それでは!

Ken