先日、英検準1級を受けてきたんですが、本番でやっておくべきだったなぁ、と思うことが1つ。

それは、

問題冊子への回答の書き込みです。

長年戦ってきたTOEICでは「書き込み」が禁止されていたこともあり、英検でも書き込まないように気をつけていました。

 

がしかし、です。

なんと英検では、

書き込みオッケー

だったんです。

むしろ、くそ、ウェルカム。

問題の注意事項にも、

問題冊子にはメモをして構いませんが、後で解答用紙に解答を書き写す時間はありません

と書いてあります。

英検 書き込み

つまり、これ、

問題冊子に書き込んでも良いこと

を意味していますよね。

 

英検で回答を問題用紙に書き込むべき理由

なぜ、英検の問題冊子に回答を書き込むべきだったのでしょうか。

それには以下2つの理由があります。

 

問題冊子を持ち帰られるから

英検は「試験終了後に冊子を持ち帰れる」という特性を持っています。

試験が終われば冊子は自分のもの。返却しなくていいのです。

したがって、書き込んでも汚しても、落書きしてもノープロブレム。

誰1人中身を気にしません。

 

冊子の注意事項にも、

試験終了後を問題冊子は持ち帰ってください

と書いてあります。

英検 書き込み

 

解答速報が出るから

そして、もう1つ決定的な理由がございます。

それは、

解答速報が出るからです。

テスト翌日の昼過ぎ(12:00以降)に、公式ページ内に解答速報が出るんですね。

「公式回答」ですので、100パーセント正しい答えが翌日にわかります。

それゆえ、冊子に回答を書き込んでおけば、速報で自己採点できます。

 

もし、うかつにも回答を書き込んでいなかった、としましょう。

その場合、解答速報を見ても、うろおぼえでしか答え合わせできません。

結果的に、100%正確な正答率はわからず、合格発表まで不安な気持ちで過ごさねばなりません。

 

以上が「英検では問題冊子に解答を書き込むべき理由」です。

  • 冊子を持ち帰られるから
  • 解答速報が出るから

英検では堂々と回答を書き込み、翌日の解答速報で合否を自己判断してみてください。

なんせ、英検は2次試験がありますからね。

筆記翌日に合否がわかる価値が違います。

合格と判断すれば二次試験の日程をおさえたり、対策をはじめられたりします。

逆に、不合格と判明したら、英検の思い出を一切忘れ、別の何かに時間を投資できます。

ということで、ぜひぜひ英検では回答の書き込みをお忘れなく。

 

それでは!

Ken