ある日、スーパーをぶらついていたら、

チャメ

に出会いました。チャメ通称、イエローメロン。

これまでの生涯において、緑のメロンしか食べたことありませんが、人生「Try everything once.」。

思い切って、韓国メロンの「チャメ」デビューしてみました。

 

チャメの食べ方はこんな感じ

寸法は大きなジャガイモぐらい。

皮はそんなに硬くありません。

僕が保持している普通の包丁でも切れました。

チャメ

食べ方がわからず、とりあえず真ん中で2つに。

チャメ

すると、中にはメロンの種のような種子が入っているではありませんか。

そして、周りは「白い果実」。

試しに果実をかじると、

「これメロン、やん」

と。

 

緑色のメロンと瓜二つの味だったのです。

黄だろうが、緑だろうが、味はだいたい一緒。

色は関係ありません。

 

加えて、種は緑メロンと同じく、食べられません。

種を除外するのが賢明でしょう。

 

ゆえに、チャメの切り方は、

普通のメロンと同じく「U字型」に切ることをおすすめします。

これなら果実に

チャメ

僕はあろうことか、最初に半分に切ったので、このような形になりましたが。

チャメ

 

チャメを食べるメリットを考えてみた

「なぜスーパーでチャメが売れるのか?」

「チャメに人気の秘密があるのか??」

 

日本のスーパーで「チャメが売られる理由」を考えたところ、

最大の魅力は「」にある

と確信しました。

 

なんせ、味はメロンといっしょです。

しかし、皮が柔らかく「包丁でをむきやすい」特徴を持っています。

チャメ

ご存知の通り、緑メロンの皮はくそ頑固で、生半可な覚悟では皮をむけません。

 

チャメ

 

メロンの皮をむく気力はないけど、メロンを味わいたい?

 

そんな時、チャメの出番です。

皮が柔らかく、まるでりんごのようにスラスラ剥けるのです。

メロン好きだけど、メロンを敬遠しているそこのあなた!

今こそ、チェメ、です。