Amazon Echoの知られざる使い方

スマートスピーカーのAmazon Echo。

発売されてから1年以上経ちますが、あまり知られていなのが、

英語学習ツール

としての使い方。

設定言語を「英語」にすれば、英語をしゃべるスマートスピーカーになるのです。

これならば、英語のネイティブスピーカーと同居しているのと同じ。

Amazon Echo と話すだけで英会話の練習になりますね。

 

中でもおすすめが、

Amazon Echoに英語でジョークを言わせて理解する

という勉強方法です。

すぐに笑えなくてもいいので、いったん、Echoに英語のジョークを言わせてみましょう。

その後、熟考に熟考を重ね、笑いどころを見つけるのです。

Echoではジョーク機能がデフォルトで実装されていて、

 

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”R1″ icon=”ken.jpg” name = “Human”]Alexa, Tell me a joke. [/speech_bubble]

 

としゃべりかけると、英語のジョークを披露してくれるのです。

 

英語ジョークのスタイルは

問いかけ+答え

というもの。

まず問いあって、ちょっと間をおいて Amazon Echo が答えるようになっています。

ジョークのパターン数はかなり多いです。

10回ぐらい Amazon Echo にジョークを喋らせましたが、すべて異なるジョーク。かぶりなしです。

 

Amazon Echoに英語でジョークをしゃべらせる勉強法

今日は、Amazon Echoによる英語ジョークのうち、理解できた事例を紹介しますね。

 

ジョーク1. 樹液の話

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”echo.png” name = “Echo”]Did you hear the story about maple syrup? [/speech_bubble]
[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”echo.png” name = “Echo”]It was a sappy ending. [/speech_bubble]

 

秀逸なジョークです。

メープルシロップの話を聞いたことがある?

という問いかけに対し、

くだらないエンディングだったぜ

という返し。

 

この返しの「sappy」という英単語がキモになっています。

sapは樹液のこと。

sappyはsapを形容詞化したものなので「樹液の」という意味があります。

 

しかし、sappyにはもう1つ、

アホな

とか

馬鹿げた

というネガティブな意味があります。

メープルシロップに「樹液の」という形容詞と、「くだらない」という意味を持つ「sappy」をかけてダブルミーニングというわけです。

これは座布団一枚。

 

ジョーク2. 醜い犬のセーター

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”echo.png” name = “Echo”]What do you call ugly sweater on the world cutest dog? [/speech_bubble]
[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”echo.png” name = “Echo”]Pugly sweater. [/speech_bubble]

 

ブルドッグの「パグ(pug)」と「醜い(ugly)」をかけたジョーク。

醜いセーター(ugly sweater)を着ているdogは何と呼ぶ?

という問いかけに対し、

pugly sweater

と、ブルドッグpugがuglyだけど可愛いことにかけているんでしょうね。きっと。

 

ジョーク3. 北極グマが食べるバーガー

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”echo.png” name = “Echo”]What did the polar bear eat at the barbequ? [/speech_bubble]
[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”echo.png” name = “Echo”]Ice burgers. [/speech_bubble]

 

このジョークもちょっと難しかったですね。

ホッキョクグマがバーベキューで何を食べたか?

という問いに対して

アイスバーガー

と答えています。

 

ハンバーガーの種類にライスバーガー(Rice Burger)が存在しているようで、これはパンの代わりにご飯で挟む食べ物。

日本ではライスバーガーをあまり見かけませんが、アメリカではよく知られているのでしょう。

ホッキョクグマは氷の地域に住んでいるので、ホッキョクグマはライスバーガー(Rice Burger)じゃなくてアイスバーガー(Ice Burger)を食べたんだよ、ハハハ・・・

ライス(Rice)とアイス(Ice)の「発音の類似性」を活用したジョークです。

 

ジョーク4. なぜ、鉛筆は臭ったのか?

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”echo.png” name = “Echo”]Why did pencil stink? [/speech_bubble]
[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”echo.png” name = “Echo”]Because it was number 2. [/speech_bubble]

 

このジョークは正直理解に苦しみました。

むちゃくちゃ調べることでやっとのことで理解できたジョークです。

まず

なぜ鉛筆が臭うのか?

と問うて、その答えが

それがナンバー2だからさ

といってますね。

 

アメリカでは鉛筆の濃さ数字で表すをらしく、「ナンバー2」という鉛筆は日本でいうとHBに相当するようです。

そして、ナンバー2のもうひとつの意味はなんと「大便」。

ナンバー1がしょんべん、ナンバー2には大便という意味が英語にはあるので、ナンバー2のダブルミーニングを使っているのです。

つまり、ナンバー2の鉛筆は大便だから臭う、と。

 

ジョーク5. アメフトネタ

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”echo.png” name = “Echo”]Why did the quaterback change the play at the last second? [/speech_bubble]
[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”echo.png” name = “Echo”]It was just a snap decision. [/speech_bubble]

 

これも理解に苦しみました。

アメフトを知らなければ理解できないでしょう。

アメフトではまず、プレイ始めにクォーターバックにボールが渡されます。

そのことを「スナップ(snap)する」と呼びます。

そして 、snap のもうひとつの意味が形容詞で「即座の」があるのです。

 

つまり、「snap decision」 で「即決」を意味します。

snapのダブルミーニングで、クォーターバックがsnapで ボールを受け取って、最後の最後にプレイを変えたのは「即断(snap decision)」だったからなのですね。

こ、これもむずいな!汗

 

 

Amazon Echoのジョークは難しすぎる笑

Amazon Echo にジョークをしゃべらせて勉強しましたが、

想像以上に難易度が高く、即座に笑えませんでした。

しかも、今回紹介したジョークは、エコーにしゃべらせた10個のジョークのうち半分。

残り半分は意味がわからず解説すらできませんでした笑

 

Amazon Echoを使えば、 Native speaker と英会話するような練習もできます。

言語を「英語」に設定し、英語のジョークに笑いどころを探してみましょう。

 

それでは!

Ken