【WordPress】HTMLを知らなくても数式を挿入できる「wpmathpub」プラグインのすすめ

スポンサーリンク


 

WordPressを使ってHTMLに数式をはさみたい!!

こんにちは、この記事を書いているKenです。立食パーティーに参加しすぎてゾンビ状態です。

 

WordPressを使っていると時々、数式を挿入したくなるときありますよね?? 恋愛方程式を完成させたとき。人見知り克服連立方程式を生み出したとき。そんなときはWordPressを使って数式を記述し、世に自分の発明を広めたくなるはずです。

HTMLをいじってでも、数式をウェブページに埋め込みたい。そんなときありますよね?? わ、わかります。そ、その気持ち・・・・

wordpress html 数式

がしかし、しかしです。

いつものように何気なくWordPressを使っているだけでは全然数式をうまく挿入することなんてできません。WordPressで数式を代入するには高度なHTMLの知識が必要になるのでしょうか?? 普通の編集が画面からでは数式が挟み込めないのでしょうか?!?

た、たとえば、この数式。

y= x^2 + a  +  b – c^9

これはx^2が「xの二乗」を表す、というルールを知らない方にとって訳のわからない暗号に見えます。えっ!^^マーク??

これでは筆者が伝えようとした数式がうまく伝わらない。数式を書いていてフラストレーションがたまりそうです。数学を愛する数式ブロガーにとっては残念すぎます。

Sponsored Link

それでは、いったいどうすればWordPressでHTMLに数式を表示させることができるでしょうか??

 

 

 

WordPressに数式を2秒ではさめるプラグイン「wpmathpub」

そんな悩みをかかえている方におすすめしたいのが「wpmathpub」というプラグインです。

wordpress 数式 プラグイン

 

このプラグインはWordPressで数式をバンバン使いたい方にとってまさに救世主。いったい、何人の数学者、つまりマスマティシャンを助けているのか想像がつきません。それほど、このプラグインを使えばWordPressの記事に数式を挿入するなんてちょちょいのちょい。HTMLもクソもありません!

もうカップラーメンがゆであがる前に数式を挿入できそうな勢いです。

ここでは簡単に「wpmathpub」というプラグインの使い方と具体例を紹介します。

 

ステップ1.  「wpmathpub」を新規プラグインとして追加する

まず噂の「wpmathpub」というプラグインをインストールします。

「新規プラグイン追加」の画面から「wpmathpub」と検索してみます。そして、奇跡的にこのWordPress数式プラグインを見つけたら「いますぐインストール」しましょう!

wordpress html 数式

 

ステップ2. 「wpmathpub」を有効化する!!

さて、お次のステップは超シンプル。「wpmathpub」をインストールしたら「プラグインを有効化」をいますぐクリックするだけです。このステップなんてものの10秒をかからずに終了することができます!ふぇい!

wordpress 数式 html

 

ステップ3.  数式を[pmath]タグで囲え!!

次は実際にHTMLとして生成される記事上に数式をねじ込んでみましょう。編集画面で挿入したい数式を[pmath]タブでくくってください。pmathタグには文字の大きさの属性値を入力できるそうですね。

[pmath size=?] 数式 [/pmath]

たとえば、24pxで数式を出力したい場合、属性値としてsize=24と入力しましょう!

wordpress 数式 html

 

ステップ4.  数式を挿入する!!

最後のステップは[pmath]タグの間に数式をはさむことです。いよいよ自分の方程式を挟み込むときがきましたね。

えっ。どの方法で数式を記述すればいいのかわからないですって!?

じつは「wpmathpub」というプラグインでは「PhpMathPublisher」という方法を採用しています。たとえば、「ルートのx」を表現したい場合は「sqrt{x}」という数式を[pmath]タグの間に挟めばいいのですね!なるほど!

wordpress 数式 html

すると、次のようにページ上に表示されます。

Sponsored Link

wordpress 数式

うむ。全然数式として読めます!わかります!十分です!

 

WordPressで数式を挿入するのは簡単だった!?

以上でWordPress上でHTMLをいじらずに数式を挿入する方法は終了です。

タグの間に数式を挿入するだけ。これならばものの3分、いや、2分の壁をもきれるかもしれません。このプラグインを活かしてやれば、次のような数式だってWordPressで表現できちゃいます。

_________________________________________

wordpress html 数式

m:モテ度

g:外見

h:ユーモアのセンス

c:コミュニケーション能力

t:  幼なじみ定数

b:異性にうけない趣味の数 [個]

e:経済力[yen]

__________________________________________

うん!便利なプラグインですね笑 「wpmathpub」を使ってじゃんじゃんWordPressで数式を表現していきましょう!

それでは、また今度です。

Ken Sawai

 

 

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です