Webマーケティングを基礎から学べる本・書籍6選

スポンサーリンク


 

Webマーケティングの基礎を学べる本・書籍がほしい

Webマーケティングを学ぶということは、1つの新しい外国語を習得することと同じです。なぜなら、マーケティング用語には英文字や横文字がふんだんに使われているからです。

たとえば、CPA、CTR、CVR、LTV、LPO・・・・・

Webマーケティングの初心者の方々にとってはこれらは呪文。もしくは新しいテレビの型番のように見えてしまいます。これでは、やり手のWebマーケターになるどころではありません。マーケティングを初めて学ぶぼくのようなうぶ野郎は、基礎からWebマーケティングを勉強する必要があるのです。さもなくば、ウェブマーケターたちの標準会話にすらついて行けません。これでは寂しいですよね。

そんな流れで今日はこんな記事を書いてみました。

webマーケティングを基礎から学べる本・書籍

題して、

ウェブマーケティングを基礎から学べる本・書籍6選

です。マーケティングの「ま」の字を知らなかったぼくが、最低限のWebマーケティング知識・用語を身につけるために読んだ書籍たちです。これらは初心者の方にも読了できるように簡単な日本語で書かれています。どんなに専攻がマーケティングから離れていようとも、どんなに本離れが進んでいようともご安心を。

 

 

Webマーケティングの基礎を学べる本・書籍6冊

ぼくの専攻は機械工学。しかも、機械工学をろくに勉強すらしていない。そんな目も当てられない学生でした。だがしかし、そんなダメ学生のぼくでも読めた。理解できたWebマーケティングの本・書籍を紹介していきます。

 

マンガでわかるWebマーケティング ―Webマーケッター瞳の挑戦!―

よくありがちな「マンガでわかる」 シリーズ・・・・かと思いきや、本の内容はかなり本格的です。むしろ、マンガは副次的に備え付けられていると言っても過言ではありません。「Webマーケティングの定義」から「Webマーケターとしてのキャリアの積み方」まで幅広く網羅しています。Webマーケティングの基礎中の基礎を理解することができる。そんな一冊です。

Sponsored Link

また、このマンガのストーリーがインターネット広告代理店に新卒として働き始めた「瞳」を中心に回っていきます。そのため、「インターネット広告代理店がどのような仕事をしているのか」、ということを知ることができます。その意味で、広告代理店に就職を志望している方にもおすすめしたい書籍です。マンガの仕様が若干、腐女子好みになっているのが解せませんけどね笑

 

Webクリエイターのための Webマーケティング

ウェブクリエイターたちの生き方を主題としています。昨今、Webデザインの知識を持つクリエイターの増加により、価格競争が激しさを増しています。そんな競争下で一歩抜きん出るためにはどうしたらいいのでしょう? この本の著者は、「Webマーケティングにある」と説いています。なぜなら、クライアント企業の要望が「超カッコいいナウいサイト」から「売り上げを増やすことができるサイト」へシフトしているからです。Webクリエイターなるものはマーケターでもあれ。それがこの本の主張なのです。

ただ、書籍の内容はクリエイターの方じゃなくても楽しめます。なんというか、「ウェブマーケティングの基礎」を理解するために必要な知識だけを集約したような感じです。前知識がなくてもスラスラ読める。また、その内容は多岐にわたり、SEOはもちろんのこと、インバウンドマーケティング、さらにはリスティング広告、SNSマーケティングについても触れています。もう一度生まれ変わってもこの本を読みたい。そんな気がします笑

 

 

はじめてでもよくわかる! Webマーケティング集中講義

とある大学でのWebマーケティング講義の内容を本にした一冊。対象読者が大学生とだけあって、かなり分かりやすく、親しみやすく書かれた書籍です。この本の最大の特徴は、Webマーケティングの知識に対する具体例です。普通の平凡なマーケティングの教科書は知識だけを解説して終わってしまいがちです。しかし、この書籍はきちんと具体的な実例を出してくれる。しかも、それは学生でも身近に触れることができる例なのです。そのため、Webマーケティングの基礎知識に対して若干の実践が加わる。それがこの本の良さでもあります。大学生やそうでないオッサンの方にもおすすめしたい。そんな一冊です。

 

この1冊でよくわかる・最新Web&モバイルマーケティングのきょうか書

ある書店でこの本を見かけたとき、

あっれえ?教科書が『きょうか書』になってるなあ

と声をあげてしまいました。そんな摩訶不思議なWebマーケティングの入門書。結局、その理由が本のどこにも書かれていなかったので、ちょっと不服です笑 ただ、書籍の内容は結構まじめなので安心してくださいね。

Webマーケティングの歴史から、従来のマーケティングと比較した際のメリット・デメリット。さらには具体的なWebマーケティングの手法から、心理学を応用した手法についても触れています。マーケティング用語がカタカナ・横文字がありすぎて混乱している方や、幅広くWebマーケティング基礎知識を身につけたい方におすすめしたい一冊です。

 

 

よくわかるWeb/モバイル/ソーシャルメディアマーケティングの教科書

書籍のタイトルは「マーケティングの教科書」となっていますが、実際は「辞書」に近い働きをします。なぜなら、合計で120以上のウェブマーケティング用語を1つ1つ丁寧に解説してくれているからです。たとえば、パーミッションマーケティング、コンテンツマーケティング、ロケーションデータベースマーケティング、アドワーズ、SEM、離脱率、直帰率・・・などです。ランダムにページを見開いて例を挙げてみました。がしかし、収録されているWebマーケティングの用語が多すぎてキリがありません。

この本の効果的な使い方は、「教科書→辞書」です。つまり、一度この本を通読してみて、本棚に収納する。そして、訳の分からないWebマーケティング用語が出現したら、この書籍を開く。これで十分です。Webマーケティング用語の広辞苑と呼んでも過言ではありません。

 

 

ユーザ中心ウェブビジネス戦略

インターネットサービスに携わるすべての人に向けて書かれた指南書。ウェブサイトのコンセプト立案の段階から、アクセスログ解析による効果検証の方法まで解説してくれています。そのため、ウェブサイトを立ち上げたが収益がまったくあがらない、四六時中死にそうな顔をしている、、、、という方におすすめしたい書籍ですね。

ぼくがこの本を読んで最も参考になった点は以下の3点です。

  • ウェブサイトが「セルフサービスメディア」であること

  • アクセス解析の数値は仮説をもって相対的に検証するべき

  • サイトの目的・ターゲットユーザといったサイトコンセプトの設定が重要

です。このブログを抜本的に改革せねばならないと危機感を感じてしまった一冊です笑 ウェブサイト運営が泥沼状態に陥ってしまった方々は一読してみてはいかがしょうか!?

 

 

さあ、ウェブマーケティングの本・書籍を読んで基礎を学ぼう!

以上でぼくがおすすめするWebマーケティングの基礎本・書籍は終了です。この本を読んで、やり手の先輩マーケターたちが繰り広げるマーケティングトークについて行けるように踏ん張りましょう。きっと外国語の習得と同じで、知識の習得と実践の反復で身につけることができるはずです。

それでは。

Ken Sawai

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です