鳥貴族は一人で飲みに行ってもいいのかも知れない

どうも、Kenです。お湯で、いさめてます。

 

先日、大阪城公園でハーフマラソンがありまして、大阪に遠征してきました。

ハーフマラソンで全力出し切り、完全に喉も心も乾いていて、しかも大阪には一人も友達がいなかったので、どこで飯を食おうか悩んでいたのはいうまでもありません。

そんなタイミングで、

鳥貴族の看板を発見。

その看板を見てからというものの、鳥貴族のレモンサワーが頭から離れず、レモンサワーがぐいっと一杯あおってナイトハーフマラソンで乾ききった喉を潤したいという思いにとらわれ始めました。

その結果、レモンサワーの欲望に抗えず、人生で初めて鳥貴族に一人で飲みに行くという体験をこの異境の地大阪で挑戦してみました。

 

まずお店に入ると、

「何名様ですか」

と言われますので、人差し指を立てて、

「1名です」

と告げます。

僕が案内された席は2名のカウンター席。

長方形のような細長い四角い椅子。二人分座れるところに一人、案内されました。

周囲には一人で飲んでいる人などおらず、老夫婦、女性二人組、カップル、に挟まれる形に。

ぼくはそこで男一人でしたが、二人用のカウンター席で隣が空いていますので、

誰かこれから来るかもしれない感

を醸し出しながらメニューで注文を始めました。

 

一人で飲みに行くときはクイックメニューがおすすめです。

鳥貴族のクイックメニューとは、お酒を注文したあとにすぐに出せるおつまみを頼んでしまおうというシステム。

枝豆、トマト、キャベツなど簡単なつまみのメニューが肩を並べています。

 

ぼくはレモンサワーを注文した時、栄養素が高そうな「冷やしトマト」を注文しました。

冷やしトマトはレモンサワーと同時に運ばれてきたので、すぐに摂取することができて結果的に頼んで良かったと思います。

くれぐれも焼き鳥は時間がかかるということを覚えておいてください。

特に一人で鳥貴族にたたずみ、焼き鳥を待つ時間は思いのほか長かったのでクイックメニューで気を紛らわせることをお勧めしますw

 

焼き鳥は全て2人前になる

鳥貴族は1品298円(税別)という料金体系になっていますが、1品の焼き鳥はまさかの2人前。

つまり、ある一つの味に対して2本付いてくるというわけです。

 

ぼくはチーズつくね、明太ささみ、かわの3種類を頼みましたので、合計で6本の焼き鳥を一気に食べることになりました。

このように焼き鳥に関しては2人前が出てくることを覚えておきましょう。

この焼き鳥を6分食べて、冷やしトマトを平らげ、さらにレモンサワーを2杯飲んだ後、焼鳥丼を注文して終了です。

 

栄養抜群

改めて振り返ってみると、鳥貴族は居酒屋という場所ながらかなり栄養素が高い食品を摂取することができます。

焼き鳥の本質を突き詰めると「鶏肉」ですので、高タンパクな鶏肉を焼き鳥で摂取できていることになります。

さらに冷やしトマトで栄養素リコピンを摂取。

レモンサワーを飲むことでクエン酸、ビタミン C を知らず知らずのうちに摂取。

たぶん、おそらく、ここ数週間で最もヘルシーなもの食べていたと言っても過言ではないでしょう。

 

安い

しかも、鳥貴族は栄養素が高いだけ栄養が高いだけでなく値段も安い。

僕は、鳥貴族遠征中に、

  • 冷やしトマト
  • つくねチーズ
  • ささみわさび焼き
  • 焼き鳥どん

という五つのメニューを注文しました。それに加えてレモンサワー2杯ですね。

鳥貴族は太っ腹なことに、一品あたり税込で321円ですので、合計で2,247円というお会計でした。

焼き鳥を二人分食べ、贅沢に焼き鳥どんまで平らげ、さらにレモンサワーも2杯飲んでる。。

にも関わらず、この値段とは鳥貴族は本当に驚異的にお得な値段で提供してくれる居酒屋さんだと思います。

しかも、大栄養素が高く、健康にもいいので普通の食事を食べる場所としても使ってもいいでしょう。

 

ただし、完全な一人席は存在しなく、案内されるとしたら僕のようにおそらくカウンター席に置いてある2人席に案内されることになります。

その孤独を耐えられることができるならば鳥貴族一人で行くことはおすすめですね。

 

それでは!

Ken

LINEで送る
Pocket