もう壊したくない!SpigenのGalaxy S7 edgeのケースを使ってみた

どうも、Kenです。洗濯物、増やしてます。

 

サムスンの割と新しいスマートフォン Galaxy S 7 edge。

かれこれ使い始めて2年ぐらいになりますが、つい先月、にうっかりてから落としてしまい、液晶画面が大破損。

Galaxy S7 edge 画面割れ 修理

画面の一部が真っ黒で見えない状態になってしまったので、修理を依頼しましたが合計で4万円以上かかってしまい心身ともに大損害を被りました。

 

もうこんな思いは金輪際したくないと思い、最強のGalaxy S 7 edge のケースを仕入れたのです。

その名も

Spigenの二重構造ケース

です。

 

 

Spigenの Galaxy S 7 edge のケースとはどんなもの?

まずは基本スペックから見ていきましょう。

縦5.5cm 、横7.8 cm 高さは1 cm ぐらいのケース。

重量は35.1gになります。

galaxy s7 edge ケース おすすめ

 

米軍も認めた最強の構造二重構造

このGalaxy S 7 edge のケースの最大の特徴は、

ネオハイブリッド

という二重構造を採用している点でしょう。

ケースの外側を覆うのはハードと呼ばれる剛性がある硬い骨格でありまして、その内側に端末を保護するソフト部分が組み合わされています。

このハイブリッド構造により、衝撃に耐えられる剛性があり、かつ、ソフトな手触りのケースというものが誕生したのです。

このネオハイブリッドという構造はどうやら米軍も認めた規格らしく、相当な衝撃にも耐えることができるようです。

現にぼくも先日、懲りずにまたを落としてしまいましたが、ケースの色が少し剥がれただけでケースを破損していないですし、もちろん Galaxy S 7 edge も無事です。

 

手触りが良い

このケースは、ハードだけではなく、ソフトな部分も優れています。

特にケースの裏面のこのメッシュ素材のような部分の手触りがよく、何時間でも触っていたくなるような気がしてきます。

手触りが良いだけでなく、スマートフォンを握った時に滑り止めのような役割もしているのがすごい。

落ちた衝撃に耐えられることはもちろん、Galaxy S7 edgeを落としづらくなっていると思います。

 

ケースをつけたまま全ての動作ができる

スマートフォンのケースを選ぶ際に気になるのが、

ケースをつけた時にできなくなる動作ですよね?

写真が撮れなくなったり、電源ボタン押せなくなったりしては困ります。

 

しかしながら、このSpigenのケースは全ての動作がケースをつけたまま可能です。

カメラはもちろんのこと、イヤホンジャック、充電、さらにマイクのためのスペースも設けられているではありませんか。

もちろん、音量調整のボタンであったり、

電源のボタンを押せるようになったりしています。

ケースを付ける事がイコール Galaxy S 7 edge を使いにくくなるということではありません。

 

さあ、Spigenの Galaxy S 7 edge のケースを使ってみよう

以上のようにSpigenの Galaxy S 7 edge のケースはすごい。多分。

剛性に優れているだけでなく、手触りが良く、愛着が沸くように設計されており、かつ、機能的に使いやすさを損なわないように配慮されている点が素晴らしいですね。

ぼくのように Galaxy S7 edge を破損させてしまった方。

もしくは破損予防として丈夫なケースを探している方にこのSpigenのGalaxy S7 edgeのケースはおすすめです。よかったら使ってみてください。

 

それでは!

Ken

LINEで送る
Pocket