【レンタルサーバー移転】独自ドメインによるWordPressのブログを引っ越しする7つの手順・方法

スポンサーリンク


 

WordPressのレンタルサーバーを移行する方法って??

こんにちは、この記事を書いているKenです。咳と鼻水がケンカしています。

 

去年の暮れ頃から、そろそろレンタルサーバーをもっといいやつに移行しようと目論んでいました。

そこで2015年の新年。

思い切ってサーバー移転という苦行に挑戦することにしたのです! やってみたらほんとに苦行でした笑

 

えっ。なぜサーバー移管をしようと思ったのですかって!?

それまでぼくは、個人サイトの運営で有名な「ロリポップ」というサーバーにお世話になっていました。サーバーに関する知識はほぼゼロだったので、

ロリポップのいっちゃん高いサーバーなら強いっしょ^^

というノリでチカッパプランを使いづけていました。



でもアクセスが月間25万PVを超えたあたりから、サーバーがダウンしたり、アクセスが横ばいになる状態が続いていてたからなんです。

Sponsored Link

ついに今日、今さっき、レンタルサーバー移管が完了したのです。

この貴重で苦しい経験を役立てたい! そんな想いから、独自ドメインによるWordPressのサイトのサーバーを移転の手順と方法を書いてみました。よかったら参考にしてくださいね^^

 

レンタルサーバー移転は「ロリポップ」から「シックスコア」へ

移転先のサーバーとして「シックスコア」を選択しました。



なぜシックスコアに移転することにしたのかというと、プロブロガーのイケダハヤトさんに影響されたからです笑

彼は「ブログエイジ」という著書の中で、

PVが月間10万以下なら、ロリポップのような安価なサーバーでひとまずは十分だと思います。読者数が増え、サーバーの重さに耐えられなくなってきたら、より上位のサーバーへ移転しましょう。ぼくはAmazon Web ServiceにWordPressを導入し、サイトを運営しています(維持コストは毎月2~3万)。他のブロガーの話を聞くと「シックスコア」なんかもおすすめだとか(こちらは月額数千円です)。

イケダハヤトさんのように月数万円の維持費をペイできるほど余裕がないので、ぼくは迷わず2つ目の選択肢である「シックスコア」への移転を決めました。

しかも調べてみると、数多くのブロガーの方が「ロリポップ」から「シックスコア」のサーバーに移行していることがわかったのです。そのため、方法や手順のノウハウが蓄積されていたことも決めてとなりました。



 

ロリポップからシックスコアへサーバーを移行する7つの手順・方法

サーバーを移管するにあたって沢山の方の記事を参考にしていただきました。中でも、

の3つの記事を中心に参考にさせていただきました。どの記事も図でサーバー移管の手順・方法をていねいに解説してくれています。「ロリポップ→シックスコア」という同じ経路のサーバー移転をされていたので助かりました。

これらの記事を読むと、ロリポップからシックスコアのサーバーに移転する方法は次のような感じになります。

wordpress サーバー移転

シックスコアのサーバーを用意して、

そこにWordPressのファイルとデータベースをぶちこみ、

最後にドメインのネームサーバーを変えてあげればいいんです!

複雑そうに見えますが案外サーバー移行ってシンプルですよね??

移行の手順を箇条書きにすると次のようになります。

  1. シックスコアとサーバーの契約をする
  2. ロリポップのサーバーのファイルを自分のパソコンに移行する
  3. ロリポップサーバーに保存してあるデーターベースを自分のパソコンへ
  4. シックスコアのサーバーに受け入れ体制をしく
  5. パソコン上のファイルをシックスコアのサーバーへ
  6. パソコン上のデーターベースをシックスコアへ
  7. ドメインのネームサーバー書き換え

それでは上の7つの手順を順々にみていきましょう!!

Sponsored Link

 

シックスコアのサーバーを準備する!

レンタルサーバー移転

まずはサーバーの移転先のシックスコアのサーバーと契約しましょう。シックスコアのサーバー契約の種類にはS1とかS2とかS3とかたくさんあって中々決められなさそうです。

ぼくは迷わずに一番安い「S1」というサービスにしました。なぜなら、多くのブロガーの方もS1にしていると言っているし、お金も持ってないからです笑

シックスコアのサーバーは2週間の無料体験できるサービスを提供しています。ただ、クレジットカード払いの方には適用できないらしいので要注意。

ぼくは忘れやすっぽいし、めんどくさがりやなのでクレジットカードで3ヶ月の契約を即してしまいました。

 

 

ロリポップ上のWordPressのファイルをデスクトップに保存!

レンタルサーバー移転

さて、お次はロリポップからWordPressのファイルを抜き出しちゃいます。

その抜き出したファイルをとりあえずは自分のパソコンのデスクトップに保存すりゃいいわけですね。

えっ。どうやって保存すればいいのかわからんですって!??

はい。ぼくも正直意味不明で泣きそうでした。右も左もわからなかったので、ぼくは先人たちとおなじく「Cyberduck」というFTPソフトを使いました。

親切なことに、ロリポップのサーバーでのCyberduckの使い方がこちらのページで解説されています。FTPソフトを今まで使ったことがない方でも大丈夫。これはうれしいですね!

このFTPソフトを使ってデスクトップにWordPressのファイルを投げ込んじゃいましょう。

wordpress サーバー移転

ここで注意するポイントは、

転送するファイルを小分けにする

ということです。先人たちの記事でも念をおしてくれていましたが、やはりここがもっとも重要なポイント。とくに注意すべきは「wp-content」というフォルダです。ここにはやっかいな奴らがたくさん潜んでいます笑

中でもぼくが一番苦戦したのが「cache」系のファイル。この類いのものは削除したくてもしぶとく残る?という特殊能力を持っていました笑 cache系のプラグインを多数導入している方は要注意です。

ここでは小分けにしてファイルをダウンロードするのが一番。ことわざでいえば「急がば回れ」の精神です。忍耐をもってファイルをDLしましょう。

 

 

ロリポップ上のデータベースをデスクトップに保存!!

wordpress サーバー移行

お次はデータベースをロリポップから引き出すフェーズ。詳しい手順・方法は先ほど紹介した先人たちの記事を参考にしてください。おどろおそろしいほど図とともにわかりやすく解説してくれています。

Sponsored Link

ここではぼくがデータベース移行の際に気をつけたポイントを3点紹介します。

 

(1) information schemaは無視してよい

ロリポップのデータベースを覗いてみると、以下の2種類のデータベースがあることに気づきます。

  • Lから始まるデータベース
  • information schema

ぼくみたいな欲張りな方は2つとも移行したくなるかもしれません。ただ、ここではぐっとこらえて2つ目の「information schema」というデータベースの存在は無視しちゃいましょう。

wordpress サーバー移転

Lから始まるデータベースだけ移行しちゃえば完了です!

 

(2) 小分け・圧縮してエクスポートする

データベースのエクスポートなんて正直だるい。その気持ちかなりわかります。一気に一度で瞬時にデータベースをダウンロードしたくなるのもわかります。

ただ、正確に、そして安全にサーバー移転を終えたい方は、

小分けに圧縮してデータベースをエクスポートする

ということをおすすめします。

サーバー移管 方法

ぼくは「zip形式」で「3つのデータベース」ごとに圧縮してエクスポートしていきました。これが功を奏し、全く問題なくデータベースを取り出すことに成功したのです。

ここでもぶっちゃけ「急がば回れ」の精神を守ったものに天使が微笑みます。はい。

 

(3) プラグインをできるだけ最小限にしておく

プラグインの数を少なくしておくと楽です。

なぜなら、プラグイン関連のデータベースが存在しているからです。ぼくの場合、「WordPress Popular Posts」というプラグインを入れていたため、以下の2つのデータベースを余計にエクスポートせねばなりませんでした。

レンタルサーバー移転

こんな感じで、

プラグインのせいで増えてしまったデータベース

を少なくしたほうが楽です。そうすればミスやエラーが起きる可能性が減りますからね。

 

シックスコアのサーバーに受け入れ体制をつくっとく

レンタルサーバー移管

さあ、次はシックスコアのサーバーにファイルとデータベースをぶちこむ番だ!!

と言いたいところですが、その前に1つやるべきことがあります。

シックスコアのサーバーの受け入れの準備をする

ということです。これをやらねば居場所がない子猫をとりあえず持ち帰ってしまったことと同じ。とりあえずエサを買ったりハウスを買ったり猫じゃらしを買ったりせねばならん。それと同じです。

さて、シックスコアのサーバー側の準備でやるべきことは以下の2つです。

  1. ドメイン追加
  2. MySQLの追加

ぼくは先人たちと同じように、ドメインの認証方法を「メール認証」で行いました。MySQLの追加の設定もコチラのページを見てやればまったく問題なくできます!

このフェーズで最も詳しく解説してくれていたのは「よっせんす」さんの記事でした。これを見ながら進めればたぶん大丈夫でしょう笑

 

シックスコアのサーバーにWordPressのサーバーをアップロード!

独自ドメイン サーバー移行

 

シックスコアのサーバーに受け入れの準備ができました!??

そしたら次はデスクトップに保存した「WordPressのファイルたち」をアップロードしていきましょう。ここでも使うのはCyberduckというFTPソフト。

こいつを使って今度はシックスコアのサーバーに接続します。

ここでのポイントは、

いったいどこにWordPressのファイルをぶちこんだらいいのか??

ということ。ぼくはだいぶここで苦戦しました。詳しくはシックスコアのこちらのページに書いてあります。たとえば、サーバーのIDが「xsample」でドメインの名前が「kensawai.com」だっとすると、

/home/xsample/kensawai.com/public_html

のディレクトリにWordPressのファイルを入れることになります。「public_html」の中です。

独自ドメイン サーバー移転

 

やっぱり、入れるときも出すときと同じ。ゆっくりファイルを小分けにしてインポートしましょう。ここでも急がずにじわじわファイルをアップロードしたほうが吉とでます。

あ、あと、ファイルをアップロードする前にやるべきことが1つありました。それは、

wp-configファイルの書き換えです。ファイルをアップロードしてからコイツだけ修正するのはとてもめんどうですよね??

修正の仕方はカンタンです。

「mi」や「bracket」のようなテキストエディタを使って「wp-config」を開き、

config1

MySQL設定の数カ所をいじるだけ! いじる場所は、

  • WordPressのためのデータベース名
  • データベースのユーザー名
  • MySQLのパスワード
  • MySQLのホスト名

の4つです。忘れずにいじるようにしましょう!

 

シックスコアのサーバーにデータベースを移行する!

レンタルサーバー移転

さて、ファイルの次はデータベースをシックスコアにインポートします。詳しくは先人ブロガーさんたちの記事を参照にしてほしいです。ここで一番気をつけるべきポイントは、

インポートし忘れを防ぐ

ということ。小分けにしてデータベースをエクスポートしてきたので、どれがどのデータベースなのか正直わかりません。しかもダウンロードしたデータベースはいずれも同じ名前をしています。だから、ここで一番大切なのは、

データベースの数を合わせるということです。

レンタルサーバー移転

たとえば、ロリポップサーバーのデータベース数が「40」だったとしましょう。そしたら、移し終えたシックスコア側のデータベース数も40であるはず。

この数がシックスコアとロリポップ上のデータベースで一致していれば大丈夫。無事に移行が完了したということになります!

 

ドメインのネームサーバーの書き換え!

db9

さて、いよいよ最後の手順となりました。あとは自分の持っている独自ドメインのネームサーバーを書き換えるだけです。

さっそく書き換えちゃい・・・ま・・・

と走り出したいところですが、まだもう一つやるべきことがあります。

それは新サーバーでの動作確認です。

ネームサーバーを移行するということは古いサーバーから新しいサーバーに完全に乗り換えが完了することを意味します。その前にちゃんと自分のサイトが表示されるか確認しておきましょう。

ぼくはシックスコアの「動作確認URL」を利用しました。

サーバー移管

この機能を利用すればドメインごとに確認URLをつくることができます。kensawai.comでいったら、

独自ドメイン サーバー移転

 

っていう確認URLをつくることができました。こいつをウェブブラウザーのURLにいれてしまえば、

こんな感じで自分のブログの動作確認がでいちゃいます。まずは移転先のサーバーでちゃんと動くか確認しちゃいましょう!

kakunin2

確認が済んだら、いよいよネームサーバーの書き換えです。ぼくはお名前.comでドメインをとっていたのでそこでログインして取得したドメインのネームサーバー書き換えを選択します。

nsb1

ここにシックスコアのネームサーバーである、

  • ns1.sixcore.ne.jp
  • ns2.sixcore.ne.jp
  • ns3.sixcore.ne.jp

を上から順番にいれていきましょう。

nsb2

これでサーバー移転完了です!! 無事にサイトが表示されましたでしょうか!??

 

あ、あれ!? トップページは表示されるけど他がダメ!?

サーバー移転完了で喜んでいたのもつかの間。ブログ上でかなり大きな問題が発生していました。

なんと、

トップページ以外のページのリンクに飛べない

のです!

トップページから個別ページや投稿ページのリンクに飛ぼうとすると「Not Found」というエラーが表示されてしまいます。こいつは困りますよね?! 管理ページにはいけるのになんでやろ・・・・??

石の上に寝そべって2時間。ようやく答えがみつかりました。

助けてもらったのがこちらの「【WordPress】サーバー移転時に記事・アーカイブページが表示されないトラブル対処方法」という記事です。こちらの記事によると、

このトラブルは『パーマリンクを設定している場合』に起こる時が有り、解決方法は管理画面の『パーマリンク設定のページで何も変更せずに”設定を保存”をクリック』すれば、オッケーでした。

とあります。つまり、管理ページの「パーマリンク設定」で「設定を保存」を押せば大丈夫!ということです。藁にもすがる気持ちでこの方法を試したところ、あらよあらよで問題解決。

無事にリンク先のページも表示させることができました。

Not Found問題でお困りの方はぜひ試してみてくださいねー!

 

WordPressのサーバー移行、完了!

以上がサーバー移転の手順・方法でした。ロリポップから上位のサーバーに引っ越そうとしている方の参考になれればうれしいです。

最後に注意点を一つ。

サーバー移転完了後はすぐに記事を更新しないほうがいいです。

なぜなら、ネームサーバー移行完了には数時間かかるからです。記事を更新してもそれが旧サーバーだったら意味がないですよね?! 移転後はしばらく安静にしているのがベターな選択肢ですよー!

シックスコアに移転してから管理ページがさくさく動くようになりました。特に、画像ファイルをメディアに追加するときがかなりスムーズです。もうその感覚はエアホッケー。ほんとうにすべるようにアップロードしてくれます。

サーバー移転はシックスコアをおすすまします! サーバー移管は大変ですけどね^^

それでは!!

Ken

 

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です