【初心者向け】Photoshop(フォトショップ)を基礎から独学できるおすすめの入門書籍・本6選

スポンサーリンク


 

初心者むけのPhotoshopの入門書籍・本???

こんにちは、この記事を書いているKenです。最近、イヌに噛むふりをされます。

 

Photoshopを独学したい! フォトショップで楽しく合成写真を作りたい!

フォトショップ初心者の方がこう思ってしまったとき、いったい何にすがればいいのでしょうか??

高校の教師??

大学の友人??

プロのデザイナー!?

法律相談所???

いえ、いえいえいえ。

photoshop 入門 初心者 本

その代わりにPhotoshopに入門したい初心者の方々には、

Sponsored Link

Photoshop初心者むけの入門書籍・本にすがる

ということをおすすめします。独学は1人でするから辛い。叫びそうになる!

今日は、そんなフォトショップ初心者の方にむけて、

Photoshopの基礎的な使い方をマスターできる「おすすめのPhotoshop入門書」を6冊にしぼって紹介します。

フォトショップを独学したい方の参考になれればうれしいです。

~もくじ~

  1. Photoshopド初心者むけの入門本
  2. フォトショップ準中級者むけの本

 

 

Photoshop初心者むけの入門書籍・本おすすめの3冊

Photoshopにまだ触ったことがないド初心者むけの教科書・参考書です。フォトショップの基礎を学びながらステップアップしていきましょう。

 

 

本1. 「Photoshop レッスンブック」

Photoshopの基礎をみっちり叩き込んでくれる入門書。ほんとうに一度もフォトショップに触れたことのない初心者向けに書かれています。

各単元で取りあげる例題はぜんぜん無理がなく、丁寧に図解で指導してくれます。

正直、この本を読めばPhotoshopの機能をすべて理解できるわけじゃありません。ただ、写真・画像の加工に最低限必要なスキルを教えてくれる点はすぐれています。

まさに、フォトショップを独学で入門しようとしている方すべてにおすすめしたい入門書です。

 

 

本2. 「Photoshop CS6マスターブック」

143セクションから成り立つPhotoshop入門書の決定版。143個のセクションが本に設けられているということは「143つのスキル」を学ぶことができるといことです。

本の公式ページから素材となる写真・画像をダウンロードします。そして、その画像を実験台にしてPhotoshopのワザを試せるわけですね!

この入門書のすぐれている点は、

Photoshopの基礎をすみからすみまで独学できる

という点です。セクション143を読み終えるころにはフォトショップの全機能を体験できているでしょう。

Photoshop独学の2冊目なんかにおすすめしたい入門書です。

 

 

本3. 「速習デザイン Photoshop CS6」

これでもか!というくらい図解でPhotoshopの使い方を解説している入門書籍。参考書の1ページのおおよそ50%が画像でおおわれています笑

PhotoshopとIllustratorの違いの説明から始まり、ドキっとする合成写真、さらにはウェブサイトで必須のアイコンなどの作り方までを解説しています。

文字が多い教科書は苦手!という方におすすめしたいフォトショップの教科書です。

Sponsored Link

 

 

準中級者向けPhotoshopおすすめの入門書籍・本3選

Photoshopの基礎的な使い方をマスターしましたね!?? お次はPhotoshopの技をさらに磨きたい初心者の方におすすめしたい本たちです。

 

 

本4. 「Photoshop 10年使える逆引き手帖」

10年間さびることなく使えるPhotoshopの逆引きタイプの参考書。

最新のPhotoshopCCからCS6、CS5までの使い方を一挙に公開してくれています。ぜんぶで200以上ものフォトショップのスキルが詰め込まれています。

広辞苑のように机の隅にポツンと置いておきたい辞典のようなPhotoshopの教科書ですね。

もちろん、Photoshop逆引き辞典としての機能だけでなく、自分のフォトショップスキルを向上させるために読んでも大丈夫です。ある意味で広く使えるPhotoshopの本です!

 

 

本5. 「”速習デザイン Illustrator&Photoshop CS6デザインテクニック」

「Photoshop」を使えばいいのか、

それとも、

「Illustrator」を使えばいいのか?!?

フォトショップ初心者の方は実際にデザインの仕事を経験したことがないはず。そのため、どのタイミングでPhotoshopとIllustratorを使いわけたらいいのか分からなくなっちゃいますよね!?? も、もちろんぼくもそのうちの1人でした。

ただ、この参考書を読めばPhotoshopとIllustratorの使い分けの基礎を勉強できます。教科書内にはご丁寧にも「ここはフォトショ!」とか「ここはイラレ!!」というガイドがついています。

Photoshopと平行してIllustratorの使い方も勉強している方におすすめの入門書籍です。

 

 

本6. 「実践力を身につける Photoshop+Illustrator 集中講座」

かなり実践的なPhotoshopとIllustratorの技を身につけられる参考書。

たとえば、名刺、スーパーの折り込み広告、ライブや映画のポスター・・・・などなどをサンプル画像をもとに作っていきます。

実際につくってみるサンプルがレベルが高いです。その質の高さのためか、デザインの技をサンプルから盗みまくることができます。

ぼくもスーパーの広告を作りたいときにはこのPhotoshopの教科書を参考にしようと思います笑

 

 

Photoshop初心者おすすめの入門書はいかがでしたか!??

Photoshopの使い方をマスターすると、あんなことやあんなことができるようになりますよね!

絵をかくのが好きな方や、ウェブサイトを運営している方はよかったらPhotoshopの入門書を参考にしてみてくださいね^^

それでは、また今度です!

Ken

 

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す