【フィリピン旅行】ATMで国際クレジットカードを使う前に確認したい1つのこと

スポンサーリンク


 

フィリピンでもATMでクレジットカードを使いたい!

こんにちは、この記事を書いているKenです。生まれ変わったらソイジョイになりたいです。

 

フィリピンではいたるところにATMマシーンが設置されています。

現金を少ししか持っていない旅行者はおお助かり。そう、ぼくもそのうちの一人だったのです。

 

クレジットで宿泊費を支払えばどうにかなるっ!!

と思っていましたが、そうはいきませんでした。

なぜなら、

現金でしか払えないホテルが多かったからです。

そのため、ぼくの現金はじわじわと減っていき、マリンスポーツやマッサージを楽しむ余裕がないほどに。

こ、これはどげんかせんといかん!

そんな逼迫感から、フィリピン銀行前のATMにこっそり近づいていました。

Sponsored Link

フィリピン atm

VISAカードでペソを現金で前借りしようとしていのです。

「フィリピン裏の歩き方」にも、

フィリピンのATMでも、国際クレジット会社と提携したカードがあれば、キャッシングすることができる

と書いてあります。

つまり、VISAやMASTERカードならばATMが使えるというわけです。

 

 

フィリピンのATMにクレジットカードを挿入してみる。

ものは試し。

日本から持ってきたVISAカードを挿入してみました。

フィリピン atm

すると、

Please press the proper key for your desired transactioin! (ご希望の取引をえらんでね^^)

と表示があり、その下に、

  • Balance Inquiry
  • Transfers
  • Withdraw Cash
  • Credit Card Cash Advance

という4つの選択肢がありました。

フィリピン atm 使い方

ぼくが使うのは国際クレジットカード、現金の前借りサービスでした。だから、4個目の「Credi Card Cash Advance」を選択。

すると、

For all cards issued above,

this ATM will charge access fee of PHP 200

Addition to any fees  that

be charged by your ba

Sponsored Link

Would you like to proceed?

という警告文が!!

フィリピン atm 使い方

つまり、

200ペソの手数料かかるけどいいよね??

といっているわけです。200ペソあればハロハロが2つ食える・・・・なんて考えてしまいましたが、これも未来への投資。

クレジットカードで現金がおろせればもうなんだって構いません!

 

 

フィリピンのATMでクレジットカードは使えなかった??

しかし、です。

200ペソの手数料を承諾し、取引をすすめていきました。すると、画面には、

I’m Sorry….

の2単語が。

えっ。クレジットカードが効かない・・・だと・・・・・

現金を増やせないとフィリピンで詰む・・・・

 

 

そんな焦りから、銀行員に助けを求める、求めまくる。

彼の助けを借りながらATMをいじってみるも、やはりダメ。

そんな泣きそうなぼくを見かねて彼は、

他の銀行のATMならできるかもしれないぜ^_^

とアドバイスしてくれました。

そこで、近所のMetrobankという銀行にいってみることに。

看板に「VISA」の銘柄がのっていたので、期待はつのりました。

Sponsored Link

フィリピン atm

だがしかし、

どこのATMでも同じだったのです笑

画面にはいくらタッチパネルをソフトにタッチしてもSORRYしか出てきません・・・・

フィリピン atm

国際クレジットカードが使えなかったのはしょうがない・・・・

これから毎日パンを食べよう・・・・

 

 

フィリピンでATMを使う前に確認しておきたい1つのこと

この経験から、フィリピンでATMを使う前にやっておくべきことが1つあります。

それは、

クレジットカード会社に海外でキャッシング可能か確認する

ということです。

国際クジレットカードである「VISA」や「MASTER」だからといって安心していてはいけません。

信用度が足りてないだとか、

キャッシング機能がついていない、

という場合だってありえるのです。

フィリピン旅行にクジレットカードを持って行く方は、カード会社に確認しておくのがスマートです^^

やっぱ、何事も楽観視しすぎたら痛い目にあいます笑 ぼくのクレジットを完全に過信していました! 要注意です。

それではー!

Ken

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です