【決定版】映画館ごとの映画予告時間のまとめ5選

スポンサーリンク


映画の予告時間をなるべくカットしたい!

どうも、Kenです。トイレが近いですね。

 

最近、映画の予告時間が長過ぎて、

上映時間通りに映画の座席に着くと損をする

という現象が起きています。

 

映画館の「上映時間」は、

  • 予告時間(5~15分)
  • 本編の上映時間

が組み合わさっているので、上映時間ぴったりに席についてしまうと損。

 

映画 予告時間

 

映画の予告を10~15分延々と見せられ続けることになるってしまいます。

 

せっかく高い映画鑑賞料金を払っているのですから、なるべくこの予告時間をカットし、本編が流れる時間ぴったりに映画の座席につきたいですよね。

映画 予告時間

Sponsored Link

 

映画館ごとの予告時間のまとめ5選

そこで今日は、1年間に50回ぐらい映画館で映画を見ているぼくが、

映画館ごとの予告時間の長さ

をまとめて見ました。

※2017年初期のもの

 

映画の予告時間を無駄にしたくない!

という方はよかったら参考にしてみてくださいね。

 

映画館1. 「TOHOシネマズ(15~17分)」

映画のシネコン大手のTOHOシネマ。

年々映画の予告時間が延びきており、2017年の1月頃では、

15~17分の予告時間が発生していました。

 

たとえば、15:00からの上映時間だったら、

15:15~17

の間に映画のスクリーンの前に座れば万事オッケーということですね。

ただ、注意点としては、4DXの映画の場合は予告時間が10分弱になってしまうので注意が必要です。

 

 

映画館2. 「ピカデリー(10~12分)」

株式会社松竹マルチプレックスシアターズが運営する映画館。

こちらはだいたい、

10~12分の予告時間が発生している傾向にありましたね。

16時から上映開始だったら16時10分ぐらいには座席についているようにしましょう。

 

 

映画館3. 「ユナイテッドシネマズ(10~15分)」

北海道から九州まで全国的に展開する大手シネコン。

こちらの映画館の予告時間は経験上、

10~15分

に収まっていることが多いです。

バッファーを読んでいきましょう。

 

映画館4. 「早稲田松竹(3~5分)」

こちらは高田馬場駅にある名画座の映画館。

名画座ということもあり、予告が非常に少ないのが特徴です。

だいたい、次週に上映予定の映画の予告が1本流れるだけなので、すぐに本編スタートとなります。

いつものシネコンの調子で予告時間をカットしていると大変なことになります。

 

映画館5. 「角川シネマ(10分程度)」

シネコンで上映が終わってしまった作品や、大手シネコンで上映されない映画などを豊富に取り扱っている映画館。

ちゃんと映画予告時間は用意されており、だいたい10分程度でしたね。

席が狭いので、早めに席についた方がいいかもしれません。

 

 

映画館の系列ごとに映画予告時間が異なるので注意!

上映時間から予告時間をすっぽりカットするのは正直難しいです。

何回も映画館で映画を見ることで、予告時間が終わりそうなタイミングが徐々につかめてくるので、トライアンドエラーを繰り返してみてくださいね。

それでは!

ken

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です