1分でわかる!映画「LION/ライオン」のあらすじ・ネタバレ・評価

スポンサーリンク


映画「LION/ライオン」の評価


得点:82点

ジャンル:リアルストーリー

映画の活用シーン:日常に喜びを感じなくなった時

推奨鑑賞人数:2人以上がいいでしょう

 

 

 

※以下、ネタバレ※

 

映画「LION/ライオン」のネタバレ・あらすじ

とあるインドのど田舎にサルーという少年が住んでいました。

お兄ちゃんのクドゥといういいやつで、サルーは結構世話を見てもらっていました。

 

とある日。

兄クドゥの夜の仕事について行ってしまったサルーは、間違えて超特急快速急行の回送列車に乗ってしまい、兄とはぐれて一人でインドの大都市カルカッタに到着します。

 

カルカッタではヒンドゥー語が通じず、大苦戦。

Sponsored Link

石運びを手伝うかなんかで生き延びていましたが、ついに警察に見つかり孤児院に入ります。

そこでの日々は安全でしたが決して快適なものと言えませんでした。

 

そんなある日、主人公サルーに、オーストラリアの裕福な家庭への養子話が舞い込みます。

こうして、サルーは故郷インドを離れてオーストラリアで過ごすことになるのです。

裕福な家庭で育ち、大学入学を機に、生まれ育った故郷を離れます。

 

そこで出会った仲間に自分の生い立ちを話した時、あるインド出身の友人が、

「Google Earthで自分の生まれ故郷探してみればいいじゃん?」

と提案してきたのです。

これがきっかけとなり、サルーは電車の速度などを計算したり、故郷の最寄駅の特徴だった給水塔がある駅を Google  Earthで探したりして生まれ故郷を探し始めました。

 

このサルーの執念が実り、ついに、故郷をGoogle Earth上で探し出しました。

25年ぶりに故郷の自分の家に戻ってみると、そこには、

母の姿が。

兄クドゥはすでに亡くなっていましたが、無事に25年ぶりに実の母に再開することができたのです。

母曰く、息子がいつ帰ってくるかわからないので、引っ越さなかったとか。

 

メデタシめたし。

 

あえて自分の子供を産まないで養子をとる決断をしたオーストラリアの夫妻や、息子を待ち続けたインドの母などに感動。

いい映画でした。

 

The End

 

 

 

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です