運転免許期限切れとるやん?

どうも、Kenです。かまびすしいです。

 

運転免許は自動車を運転するライセンスとしてだけではなく、身分証としても活用できる公的な証明書。ぼくは普段から運転しないポテンシャルなドライバーだったのですが、職務質問された時によく運転免許証を提示して、身分を証明してたりしていました。

とある日。

とある漫画喫茶で会員登録をするために身分証明書を提示してみたところ、

運転免許証の期限が圧倒的に切れていることが判明!笑

「お、お客様。免許の期限が切れてるみたいですね・・・・」

「えっ!」

よくよく免許を見てみると、なんと期限が4ヶ月前に失効しているわかり大混乱。警察署からの更新ハガキなんてうちに届いてないですし、3年ぶりの更新期限なんて見逃すに決まってます!!

 

ただ、まだ失効から6ヶ月以内だったのでギリギリセーフみたいで、仮免許受け直しなどの悲劇は避けられたようでしたね。

身分証明書は運転免許証しか持っていなかったので、それは困るということで早速期限切れの免許更新の手続きに行って見ました。

 

 

運転免許証がいつの間にか期限切れを起こしていた時の更新方法

「えっ!いつの間にか失効してる!?しかもギリギリ6ヶ月経ってない?」

そんな時は次のような更新手続きになります。

※東京の場合、期限から6ヶ月以内で特別な理由もない場合です

参考URL

 

更新手続きが行える場所

東京で失効した免許更新の手続きを行う際は、次の3つの免許センターに足を運ばざるを得ないみたいです。

僕はその内最もアクセスが良さそうな「江東運転免許試験場」を選択。

「東陽町」という東西線の駅から徒歩10分ほどでしたね。

免許更新 期限切れ 東京

この免許試験場を選んで悔いはありません。

 

受付時間は14:00まで、平日のみ

ただし、営業時間に注意。

失効した免許を更新する手続きはもちろん平日のみしかできず、さらに時間帯も太陽が一番高く上がる14時まで。

平日の午前8時30分から午後2時00分まで

という受付時間みたいなので、午前中の早い時間帯から攻めることをおすすめします。ぼくは寝坊して11時ぐらいに現地入りです。

免許更新 期限切れ 東京

 

持ち物

失効した免許更新に必要なのは次の3つ。

  1. 住民票
  2. 写真(縦3センチメートル×横2.4センチメートル)1枚
  3. 失効した免許証
  4. 更新料金

住民票はお住いの市区役所にて調達。写真に関してはこれは試験場に写真のマシーンが置いてありますので現地調達することが可能です。

ぼくは東陽町駅から試験場までの間にあったカメラ屋さんのようなところで撮ってもらいました。

免許更新 期限切れ 東京

この写真は免許証で使われる写真ではなく、免許更新に必要な写真なのでキメ顔しなくてもいいでしょう。

ただ、サイズが厳密なので、写真屋さんでやってもらうとサイズに切ってくれるのでおすすめです。

 

更新料金

また、更新にかかるお金について言及しておかねばなりません。

失効から6ヶ月以内の場合、免許更新にかかる費用は、

  • 申請書にはる写真:700円
  • 交付申請手数料:2,050円
  • 失効受験手数料:1,900円
  • 一般講習料金:800円

の合計で、

5,450円

でしたね。ぐうう・・・!

 

更新期限以内で、かつ、優良ドライバーの方と比べてみると差は歴然。

彼らの場合、

  • 更新手数料:2,500円
  • 有料講習料金:500円

ですので、合計3,000円。期限を切らしてしまったことにより2,500円ほどの損害が出てしまってます。fuk!

 

4ヶ月前に失効していた運転免許証を更新してきた体験談

ってことで、せっかくなので更新手続きがどんな感じだったのか記しておきましょう。

 

登録カード発行

江東運転免許試験場に到着。なぜか今年は梅雨が早くあけてしまったので、7月初旬でも猛暑。東陽町駅から歩いて徒歩10分。汗だくになりながら門戸を叩きました。

入ってみると、まずは登録カードの発行。

これはどうやら、

免許証で利用する4桁のパスワードを発行するフェーズらしく、4桁の暗証番号を2つ発行します。

これを発行してから受付へGO。

 

申請書作成

「期限切れてしまったんです。ハガキこなかったものですから」

と受付で申告すると、1枚の申し込み用紙を手渡されます。

確かこの用紙には住所、名前、電話番号などの個人情報を記入したと思います。詳細は忘れました。

 

今日持参した写真はこの用紙に貼り付けるもので、決して免許証に貼られるわけではないので一生お目にかかることはないでしょう。

 

視力検査

申請書作成が完了して、窓口に提出。

すると、名前が呼ばれますのでお次は視力検査に移っていきます。メガネ、コンタクトレンズなどの視力矯正器具をお持ちの方はここで着用するのをお忘れなく。0.3以上の視力があればパスできるみたいです。

Cの向きのクイズを2問ほど解答することになるでしょう。。

 

住民票、申請書を提出

おつぎは持参した住民票、そして現地で作成した申請書を提出。

ふたたび名前が呼ばれるまで待機します。

 

手数料の支払い

名前が呼ばれると、次はお金。マネーです。

期限から6ヶ月以内の失効者であれば、

  • 更新手数料:3,950円
  • 一般講習料金:800円

の合計4,650円を支払うことになります。たぶん、現金のみだと思います。

 

写真撮影(免許用)

続いて写真撮影。

ぼくはこのフェーズに至るまで、申請書に貼り付けた写真が免許証の写真になると思い込んでいたので、

「えっ、これはなんの写真ですか?」

とあほヅラで質問してしまいました笑 じつはこの更新手続き中盤に出てくるこの写真撮影こそ、免許証で使用する写真のようなのです。

しばらく証拠に残ってしまう写真なので気合いを入れて顔を作っていきましょう。

 

60分に及ぶ一般講習

ここが免許更新の山場。いわゆる講習という授業のようなものを受け、それをしっかり受講した印をゲットせねばなりません。

写真撮影が終わると、講習用の教本を受け取り、

免許更新 期限切れ 東京

講習が行われる教室の番号を教えてもらいます。場合によってはちょっと待機しなければならない方もいるでしょう。ぼくは15分ほど開始まで待つことになりましたね。

 

免許更新の際に行われる講習には、

  • 優良運転者講習(30分)
  • 一般運転者講習(1時間)
  • 違反運転者講習(2時間)
  • 初回更新者講習(2時間)

という種類がありますが、残念ながら免許の期限切れを起こしてしまったドライバーはどんなに頑張っても「一般運転者講習」を受講せねばなりません。

ぼくのように、運転しないがゆえ無事故の優良ドライバーであっても、期限切れならば一般講習に分類されてしまうのです。で、どんなに今後優良ドライバーであり続けようが、6年経たないと優良に慣れないのだとか。。。

 

そして、この一般講習の時間は60分。料金は800円かかっているみたいです。

まず、交通ルールに詳しい方が、

なぜ、免許切れを起こすと一般講習になるのか?

次の更新はいつになるのか?

などのアイスブレイクが入ります。

 

そして、あらかた言いたいことを言い終わると、

「はい、じゃあビデオ見てもらいますね〜」

と今度は事前に用意された交通安全のビデオを40分ほど上映。

さらに残りの直間で、ここ4~5年でアップデートされた交通ルールをホワイトボードに書きながら解説してもらう、という流れになっています。

 

授業が終わると、教室の外にはんこをくれる違う先生が待機してもらいますので、僕らはしっかり授業を受けたことを証明するためにハンコに群がります。

 

免許受け取り

ここまで完了すると、あとは免許受け取るだけ。

自分の名前などに間違いがないか確認し、さらに免許に埋め込まれた本籍の情報をICチップで照会できるかどうかチェックして終了です。

 

まとめ:期限切れの運転免許更新は2時間かかった

以上が失効した免許の更新方法とその体験談でした。

試験場に到着してから退出するまで、

まるまる2時間

かかっていました。免許更新は平日のみしか行えないので、このだいたいかかる時間を見積もり、なんとかスケジュールに組み込んでいきましょう。

 

それでは!

Ken

LINEで送る
Pocket