【決定版】ラ・ラ・ランド(La La Land)のサントラおすすめの厳選10曲

スポンサーリンク


ラ・ラ・ランド(La La Land)のサントラのおすすめは??

どうも、Kenです。自転車、大事ですね。

 

映画「セッション」で驚異的なデビューを成し遂げたデイミアン・チャゼル監督の最新作、

ラ・ラ・ランド(La La Land)

ついに見てきました。

 

Wikipediaによると、

『ラ・ラ・ランド』(原題: La La Land)は、2016年にアメリカ合衆国で公開されたミュージカル映画である。脚本、監督はデミアン・チャゼル、主演はライアン・ゴズリングとエマ・ストーンが務めた。

第73回ヴェネツィア国際映画祭オープニング作品[1][2]。全米での興行収入は2017年1月末時点で、1億ドルを突破している

という感じの注目作。

 

早速何も考えずみにいってきたのですが、

これは良い。

Sponsored Link

 

恋愛系のミュージカル映画だったのですが、何と言っても、

音楽が最高だったのです。

 

音楽が最高すぎたので、映画「ラ・ラ・ランド」をみた人は絶対にサントラ欲しくなるだろ。。。。

と思うのは当然の流れ。

 

サウンドトラックがないかなあとAmazonを探していたところ、

CDタイプのサントラと、

MP3形式でダウンロードできるサウンドトラックの2種類が販売されていました。

CDプレイヤーを持っていなかったぼくは、

1500円で15曲入ったラ・ラ・ランド(La La Land)のサントラを購入してみました。

 

 

ラ・ラ・ランド(La La Land)のサウンドトラックおすすめ10曲

今日はその中からおすすめのサントラを10曲に絞って紹介します。

そんなに絞れてないですけどね。

 

サントラ1. 「Another Day Of Sun」

ラ・ラ・ランド(La La Land)の映画の主題歌とも言える一曲。

オープニングの道路でのシーン、エンディングでの回想シーンなどで使われています。

ラ・ラ・ランドといったらこの曲でしょう。

 

サントラ2. 「Someone In The Crowd 」

ミアがオーディションに落ちた夜に、ルームメイトらしき美女たちがミアをパーティーへの参加を促すシーンで流れる一曲。

雲の先にいる誰かを捕まえましょう。

 

サントラ3. 「A Lovely Night」

ミアとセバスチャンが夜景の見える丘で踊った時の一曲。

「なんでこんな素敵な夜をお前と過ごさなきゃいけないの??」

という二人が掛け合う微笑ましいシーン。

小学生の時に好きな女子をいじめる心理と似ています。

Sponsored Link

ミアがタップダンスシューズに履き替えたシーンが印象的です。

 

サントラ4. 「Mia & Sebastian’s Theme」

セバスチャンが売れない時代にピアノ店でひいて首になった一曲。

映画の中でもたびたび登場するキーとなるサウンドトラック。

 

サントラ5. 「Start A Fire」

セバスチャンが友人のキースと組んで結成したバンドによる一曲。

大衆ウケを狙う楽曲を演奏するセバスチャンを、かなしそうに見つめるミアの姿が印象的です。

 

サントラ6. 「City of Stars」

「星よ、俺のために輝いてる?」

という歌詞が印象的で耳に残るサウンドトラック。

だがしかし、どこのシーンで流れていたかわからない笑

 

サントラ7. 「The Fools Who Dream」

ミアの一人演劇を見たキャスティング会社でのオーディション中の一曲。

「何か話して?」

と言われて歌い始めたこの一曲が決め手となりました。

 

サントラ8. 「Engagement Party」

このサントラは、確か、ですが、ミアとセバスチャンがお互いに別々の道を歩むことになったその後で流れていたような気がする。

思い出せんないけど耳に残っているサウンドトラックです笑

 

サントラ9. 「Epilogue 」

セバスチャンが開いた「セブス」というジャズ店舗に偶然足を運んだミアにひいた一曲。

セバスチャンのソロ演奏から切ない回想が始まります。

 

サントラ10. 「The End」

セバスチャンの単独演奏が終わり、ミアとその夫がセブスから出店する間際に流れる映画の最終盤のサントラ。

互いに見つめ合って笑顔になる切ないシーンに流れる一曲。

 

 

ラ・ラ・ランド(La La Land)のサントラは15曲も必要ないかな笑

映画をみた直後に勢いで、ラ・ラ・ランドのサウンドトラックを15曲購入してしまいましたが、

15曲も必要ないなと、まとめながら感じました。

 

中心となるのは6曲ぐらいで、ほとんどがHummingバージョンとか、映画のエンディングシーンで流れたバージョンなど、違いがマニア級でした笑

Sponsored Link

 

なので、今回紹介した中でも映画の中で中心に流れていた、

  1.  Another Day Of Sun
  2. Mia & Sebastian’s Theme
  3. City of Stars
  4. Engagement Party
  5. A loverly Night

を買えば十分にサウンドトラックとして機能するでしょう笑

それでは!

Ken

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です