iPhone5(au)を自分でSIMロック解除したい!!

どうも、Kenです。筋トレ、控えてます。

 

先日、親族から念願の iPhone 5を譲り受けました。

ただ、このiPhoneは日本の三大キャリアの1つであるauで販売されて利用されていたものだったらしく、

SIMロック

がぎちぎちにバリバリかけられていたのです。つまり、auで発行されたSIMカード以外は全然全く完全に使えないというわけですね。

僕は IIJ の格安 SIM(ビックシム) を使っていたのですが、このSIMカードをiPhone5に挿入してみたところ、

SIM が必要ですやり直してください

という警告文が出てしまったのです。

iphone5 simロック解除 下駄

iPhone の電源を入れることには成功しましたが、SIMロック解除できないと、初期設定もできず、写真も撮れず、ニュースも天気もみれず、iPhone5がただの箱になってしまいます。

 

なんとかこのau発のiPhone5でも格安SIM(ビックSIM)を使いたかったので、

SIMロック解除できるアダプタ

を購入してみました。その名も、

XSmartKing

です。

iphone5 simロック解除 下駄

名前からしてロックで仕事ができそうな感じだったので、このロック解除アダプタに僕のiPhone5の運命を託したのです。

60分ほどの格闘の末、なんとかiPhone5のSIMロック解除に成功したので、今日はそのXSmartKingという下駄の使い方を忘れなうちにまとめておきますね。

 

iPhone 5をSIMロック解除する方法の概要

まずは今回の SIM ロック解除作業の概要を俯瞰的に見てみましょう。

XSmartKingというアダプタを用いたシムロック解除の方法は次の2つのフェーズに分かれています。

  1. 初期設定と電話ができるようにする
  2. データ通信ができるようにする

iphone5 simロック解除 下駄

 

必ずしも初期設定完了したからといってデータ通信ができるようにならないので、最後まで気を抜かずに設定し切っていきましょう。

ちなみに、XSmartKingの梱包物のうち、電子器具がついたこちらのチップのようなものが下駄本体で、あとはSIMロックスロットを取り出せる棒が付いてますよ。

iphone5 simロック解除 下駄

 

 

XSmartKingでiPhone 5をSIM ロック解除して初期設定&電話をできるようにする方法

まずは初期設定と電話ができるようになるところまで作業していましょう。

用意するものは、

  • X スマートキングの SIM ロック解除のアダプタ
  • iPhone 5
  • Wifi環境

ですね。

 

ステップ1.  スロットをこじ開ける

まずはXSmartKingに付属されていたこの楊枝のような細長いツールを使って iPhone 5の simカードが挿入できるスロットをこじ開けます。

iphone5 simロック解除 下駄

iPhone 5は右側面にこのような SIM ロックの口が用意されているので、この穴に先ほどのツールを差し込むとこのように SIMスロットが飛び出しきます。

 

ステップ2. アダプタをSIMカードにかまかませる

まずはSIMロック解除のアダプタをSIMスロットに設置。

iphone5 simロック解除 下駄

そのうえに使用する SIMカードを上からかぶせるようにセッティングしましょう。

iphone5 simロック解除 下駄

ここでセッティング完了しましたらするするとSIMカードをスロットに戻していきます。

このフェーズで注意したいのが、XSmartKingの向きです。向きとしては金色の丸い粒がある方をSIMカードの金属部分とくっつける形になりますね。

こちらを裏表逆にしてしまうと設置がやり直しのでくれぐれも注意しましょう。

 

ステップ3. 緊急電話かける

iPhone の画面での設定に戻ります。

ホームボタンを長押しすると、緊急電話というコマンドが出てきますのでそちらをタップ。

iphone5 simロック解除 下駄

電話番号は110番や119ではなく、今回は次のような長ったらしい暗号を電話番号としてかけてみます。

*5005*7672*88#

iphone5 simロック解除 下駄

 

ステップ4.  ICCID参数設定(黒い画面)

電話かけることに成功すると、次のようにICCID参数設定という黒い画面に移行すると思います。

iphone5 simロック解除 下駄

こちらの画面で落ち着いて次の番号を冷静に打ち込みましょう。

89014103279529155724

番号が打ち込み終わったらそのまま送信コマンドを押してください。

 

ステップ5. SIM スロットを一旦抜いてまたさす

ここで一旦 SIM スロットを抜きます。

抜き方はステップ1と同じで、付属されていた楊枝のような物体で SIM スロットをこじ開けます。

iphone5 simロック解除 下駄

一旦SIMスロットを引き抜き、再度セッティングしてみます。

すると、今までSIM なしだった電波の表示がdocomo や Softbank au などのキャリア名が表示されるようになっているのです!!

僕の場合もドコモを母体とした IIJ ですのでドコモの電波表示がされるようになりました。

 

ここまでの設定が終了しましたら初期設定は完了です。

この状態ならば電話をかけることができるようになりますが、3Gのデータ通信をするにはもう一段階の設定が必要になってきますよ。

 

SIM ロック解除した iPhone 5でデータ通信ができるようになる方法

ここまでの設定で満足してしまうと肝心のSIMカードを用いたデータ通信が行うことができません。

つまり3Gの電波でウェブサイトを見たりゲームをアプリをプレイしたりすることができないわけです。試しにSafariなどのウェブブラウザを立ち上げてみても、

PDP 認証ができません

というエラー出てしまい、いつまでたってもパケット通信できないのです。

iphone5 simロック解除 下駄

そこでやらなければならないのが、

APN 設定というものです。

APN とは「Access Point Name」の略でネットワークのアクセス先のは接続アクセスポイントの名前を意味しますね。

つまるところ、設定をしない限り、かつてのキャリアがAPNとして設定されたままになっているのですね。たとえば au の iPhone 5ならばその APN 設定がauのみになっているので、他社の格安SIMを利用するためにAPN 設定を変更する必要があるわけです。

今回僕の場合、

  • IIJ(ビックSIM)の格安SIMを使っている
  • iPhone5はauのやつ

となりますが、そのAPN設定の方法を簡単に書いておきますね。

 

ステップ1.  ネットワーク設定をリセットする

まずはかつての iPhone 5が覚えている APN 設定のを一旦全てリセットします.

リセットの方法単で、

一般、

iphone5 simロック解除 下駄

リセット、

iphone5 simロック解除 下駄

ネットワーク設定をリセット、

と進み、リセットしてみてください。

リセットを実行すると iPhone 5が一旦再再起動されますよ。

iphone5 simロック解除 下駄

 

ステップ2. 構成プロファイルをインストール

ここからはお使いの格安 SIM によって異なると思いますが、格安 SIM 毎の構成プロファイルをインストールすることになります。

IIJ の場合はこちらのページから構成プロファイルをインストールすることができました。

iOS のバージョンによってファイル異なるようなので自分が使いたいものをインストールしていましょう。

iPhone5でWebブラウザ(Safari)でこちらのウェブサイトに進んでインストールすればオッケーです。

ダウンロードが始まりましたら許可して、

「次へ」いって、

プロファイルをインストール。

ここまでの作業が完了すると、先ほどの 「PDP 設定認証が認証できません」というエラー消えてWi-Fi 接続がなくても 3Gでデータ通信ができるようになりました!

 

 

さあ、下駄を履いてiPhone 5を自分で SIM ロック解除してみよう!

2016年頃から各キャリア会社がに頼めば iPhone 6 SIM ロック解除してもらえるというルールになったようですが、それ以前に発売されていた iPhone 5 iPhone 5 S に関してはキャリアでは SIM ロック解除してもらえないのが現状です。

そのため自分で SIM ロック解除をする必要があるわけですね。

 

今回 SIM ロック解除をしたのは初めてだったので無茶苦茶心配でしたが、SIM ロック解除初心者の僕でも無事に iPhone 5のシムロック解除することができました。

キャリアに頼らず自分でシムロック解除してみたいという方は良かったらXSmartKingのSIMロック解除アダプターを使ってみてくださいね。

それでは!

Ken

LINEで送る
Pocket