【レビュー・口コミ】ハコスコ(2眼)を使ってみた感想

スポンサーリンク


どうも、 Kenです。チャイで生きてます。

 

気軽にVRゲームや360度コンテンツを楽しめると話題のハコスコ。

先日、とあるきっかけでハコスコの2眼タイプのものを手にいれて実際に使ってみました。

今日はそのレビューを記念に書いておきます。

ハコスコ レビュー 口コミ

 

 

ハコスコ(2眼)を使ってみたレビュー・口コミ

実際にハコスコを使ってみた結果、ハコスコのいいところが次の4点浮き彫りになってきました。

 

持ち運びができる

まずハコスコの優れているところは、

持ち運びがしやすい

ということです。

出かけ先や電車の中でVRコンテンツを楽しみたくなるというシチュエーションは稀かもしれませんが、ハコスコはとんでもなく携帯性に優れています。

Sponsored Link

なぜなら、

ハコスコの本体が頑丈で、しかも軽量であるからです。

ハコスコはこのような頑丈な段ボールに収納して運べるので剛性に優れています。

ハコスコ レビュー 口コミ

しかも、軽い。素材が段ボールですからね。

天秤で測ったわけではありませんが、おそらく、たぶん、重量は50g以下でしょう。

 

そして何より、ハコスコはコンパクト。

9x9x11cmという筆ペンケースのようなサイズ感ですので、カバンに忍ばせても中身が膨張しすぎて怪しまれることは決してありません。

ハコスコ レビュー 口コミ

外出先でスマホVRコンテンツを開発したいという方におすすめです。

 

装着したままスマホの操作できる

ハコスコでは、ハコスを装着したままスマホの操作をしやすいように、

下部に穴が空いています。

ハコスコ レビュー 口コミ

人差し指か、中指が入るほどの大きさなので、ここからスマホを直接タッチすることができます。

いちいちハコスコからスマホを取り出すという面倒な作業をへる必要はありません。

 

 

外出先で装着しても怪しまれない

ハコスコの最大の魅力は、その自然体にあります。

数多くのVRのHMDは外の世界でつけていると明らかに変態扱いされてしまいます笑

間違えても、おしゃれなカフェでVR HMDを装着してしまうと、たぶん、いや、おそらく周囲の環境に馴染むことはできません。

明らかに仮想現実に入り込んでいる痛いやつとして認識されてしまうでしょう。

 

しかし、ハコスコなら話は別。

Sponsored Link

カフェでハコスコを身につけていても、全く怪しくない。

むしろ、自然です。

ハコスコ レビュー 口コミ

おそらく、その要因としては、

  • ハコスコの素材の段ボールは普段から目にしている
  • ハコスコの色が周囲の机や椅子や壁となじみやすい

ということがあるでしょう。

カフェやレストランでVRコンテンツを楽しみたい方ににこそおすすめのHMDです。

 

 

ハコスコ(2眼)の魅力は携帯性・操作性・自然体

以上がハコスコのレビューでした。

うまくまとめると、ハコスコには、

持ち運べる便利さ(携帯性)があって、

装着しながら操作できる便利さ(操作性)があり、

しかも、外で装着してもバレない(自然体)があるのです。

 

したがって、結論、

ハコスコは外出先でスマホVRコンテンツを開発するときに便利なHMD

ということになります。

UnityでスマホVR開発をしている方におすすめの一品ですね。

 

それでは!

Ken

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す