3分で基礎からわかる!Gear360で撮影した映像をステッチングする方法

スポンサーリンク


360度カメラで撮影した映像はそのままでは使えない!?

どうも、Kenです。グレープフルーツで生きてます。

 

360度カメラで撮影した映像はそのままでは使い物にならない!?

そんなことがあるのでしょうか。

実は、大有りなのです。

 

Gear360などの360度カメラで撮影した映像は、魚眼で撮影した画像としてカード内に保存されます。

だいたいこんな感じですね。

実は、この魚眼2枚の写真だけではソフトを使っても360度映像として再現できないのです。

球面のような映像として表示するには、

ステッチング

Sponsored Link

という作業を経て、2枚の魚眼写真を一枚のパノラマ(正距円筒図法)に変換して上げる必要があるのです。

 

この変換の過程のことを、ステッチするというみたいです。

 

 

360度映像でやってることは、例えるなら、2枚の魚眼写真から、メカルト図法の世界地図をステッチングで作り出し、それを地球儀のように球状で表示しているということですね。

gear360 ステッチング

うん、だんだんステッチングというものがなんとなくしっくりき始めましたね。

 

 

Gear360でステッチングする方法

それでは、サムスンの360度カメラGear360ではどのようにステッチすればいいのでしょうか。

 

Gear360で撮影した映像をステッチするにはズバリ、サムスン公式の

Gear360

というアプリを使うのが最も手っ取り早いでしょう。

Samsung Gear 360

Samsung Gear 360

ここでは、例として、360度写真をステッチングする方法を紹介していきましょう。

 

 

Step1. Gear360で撮影する

まずは撮影です。

Gear360で写真を撮影してあげると、SDカードには次のような2枚の魚眼写真が組みあわせったようなデータが保存されます。

 

 

Step2. ステッチ

いよいよこの2枚の魚眼写真をステッチしてパノラマ写真を生成していきます。

 

スマホとGear360を接続して

gear360 接続

 

Gear360のアプリから「ギャラリー」を選択。

 

gear360 gearvr

 

ステッチしたい360度画像を選択して、保存を押します。

Sponsored Link

gear360 gearvr

すると、次のように、2枚の魚眼写真が一枚になったパノラマ写真がスマホ上に保存されるのです。

 

gear360 ステッチング

 

 

Step3. 球面で表示

あとは、この一枚になったパノラマ画像を球面で表示して360度写真にするだけ。

Gear360のアプリで再生すると、

Gear360 使い方

このような感じで、一枚の球面の360度写真として閲覧できるでしょう。

 

また、一旦ステッチングしてしまえば、Gear360以外のアプリでも再生可能。

例えば、WordPressのWP-VRというプラグインを使えば、このようにサイト上に360度画像を埋め込むことだってできちゃいます。

素晴らしい。

 

 

Gear360のステッチング方法はアプリを使えば簡単

以上が、Gear360のステッチング方法でした。

Gear360の公式アプリを使えば、デバイス上に保存するだけでステッチングしてくれますね。

 

Samsung Gear 360

Samsung Gear 360

一旦、ステッチングして一枚のパノラマ写真にしてしまえば、Gear360アプリ以外の場所でも球面として表示できるようになるので、このステッチング方法をまずマスターしちゃいましょう。

それでは!

Ken

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す