【早大生必見】Course N@vi (コースナビ)を10秒で立ち上げる裏技

スポンサーリンク

 

Course N@vi(コースナビ)とはいったい何者か?

「Course N@vi(コースナビ)」という横文字を聞いたことありますか!?

おそらくこの質問に対して、9割の早稲田大学の学生がYESと答え、その他の大学の学生や社会人の方はNOと答えることでしょう。まず、ご存知ない方のためにこのシステムを紹介しますね。

コースナビとは、早稲田大学が学生に提供している授業支援システムのことです。

授業で使用したパワーポイントのスライドを閲覧することができたり、出席の有無をCourse N@vi上で行えたり、オンデマンドの授業を受講できたりします。

このように、さまざまな形態で早稲田大学の学生を支援しているオンラインシステムなのです。いつ導入されたシステムなのか、全く検討がつきません。しかし、今現在の早大生たちがこのシステムなしでは生きられないことは確かです。もはや授業を受ける気にもなりませんよ。このコースナビの詳細がどうしても気になる方はコチラのページをご覧ください。きっと参考になるでしょう。

 

Course N@vi(コースナビ)の最大の問題点は〇〇

Course N@viは、ものすごく便利なシステムです。しかし、どんな物体にも人物にも欠点が存在しているのは周知の事実です。じつはじつは、このコースナビというサービスにも欠点があります。それも無茶苦茶おおきな欠点です。

それは、

Course N@viの立ち上げに時間がかかりまくる、

という点です。知らない方のために補足すると、このコースナビにたどり着くには以下の5つのステップを乗り越えねばなりません。

  1. 「wasedanet portal」とググる
  2. wasedanet portalを訪問する
  3. wasedanet-portalにログインする
  4. 「授業」をクリック
  5. Course N@vi(通常版)をクリック

この5つのステップの最大の難関は3ステップ目のログインです。なぜなら、wasedanet portalのメールアドレスとパスワードを入力しなければならないからです。もし、読者の方がものすごく長い長いメールアドレスを設定してしまった日には、この1ステップ目を終えるだけで永遠の時が刻まれそうです。もうコースナビが遠い遠い。これでは授業に集中するどころではありませんね。

Sponsored Link

 

そこで実際に、上の5つの手順でコースナビを立ち上げてみることにしました。えっと、グーグルを立ち上げてっと・・・・

すると、なんということでしょう。29.91秒もかかっていました。これでは、カップラーメンができてしまいそうですね。

 

course n@vi

 

 

 

Course N@vi (コースナビ)を10秒で立ち上げる裏技

こんな長い時間をかけてコースナビを立ち上げてらんねえよ!!

と叫び出したい短気の方のために、

Course N@viを10秒で立ち上げる裏技

を公開します。

これから早稲田大学で星の数のような授業数を受講する予定の方!充実した学生生活を送りたい、と密かに願う方が参考にしてくださると少し嬉しいです。このコースナビの裏技は次の5つのステップで構成されています。

 

ステップ1.Course N@viのURLをお気に入り化する。

まずはコースナビのページをすぐに立ち上げられるようにしましょう。あまり知られていませんが、Course N@viのURLはhttps://cnavi.waseda.jp/です。このウェブページをブラウザのお気に入りに登録しちゃいましょう。上のページを開いた状態でCtrlキー+Dですよ。

 

ステップ2.ブラウザにログインIDを記憶させる。

course n@vi

 

このページを開いたら、ログインIDを入力して実際にログインしてみましょう。このページが優れているのはそのIDの記憶性です。一度ログインするとブラウザにIDが記憶され、再度入力する必要がなくなるのです。

 

ステップ3.ログインIDの入力ボックスでワンクリック

記憶させる作業が終ったら、一度ページを閉じて再度コースナビのページを開きます。

そして、ログインIDの欄でワンクリックを押すと、ボックスの下にIDが表示されます。その表示されたIDをクリックすると、空欄のボックスに長ったらしい自分のwaseda net メールのアドレスが記入されます。

course n@vi

 

ステップ4.パスワードを高速で入力

ログインIDを表示させました??つぎにやることはただ一つ。パスワードを高速で入力しましょう笑

ここでは集中力がものを言います。

 

ステップ5.エンターキーを押す

パスワードを入力しましたか??

そしたらエンターキーを押しましょう。力強く。騒がしく。自信満々に。

 

実際に、やってみた。

ログインIDを一度記憶させた状態でコースナビを実際に立ち上げてみました。

先ほどのステップでいえば、3~5のステップを実行したことになります。

するとすると、なんてことでしょう!10.13秒という高速タイムを記録しました。あと少しでウサイン・ボルトの世界記録でした。残念です。

course n@vi

 

さぁ、Course N@viを使いまくろう!

コースナビの裏技はいかがだったでしょうか?!?

少しでも早稲田大学の学生がCourse N@viを高速で立ち上げられることを夢見ています。

それでは。良い学生生活を。

Ken Sawai

 

LINEで送る
Pocket

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です