ある日、スーパーをぶらついていると、

チャメ

という韓国のメロンを発見しました。チャメ通称、イエローメロン。

これまで緑のメロンしか食べたことがなかったので、思い切って韓国メロンのチャメにデビューしてみました。

 

チャメの食べ方はこんな感じ

早速、ものは急げとチャメを食べてみることに。

大きさはちょうど大きなジャガイモぐらいで、皮はそんなに硬くなく普通の包丁でも切れるようでした。

チャメ

食べ方がわからなかったのでとりあえず真ん中で二つに。

チャメ

すると、中にはまるでメロンのような種が入っており、その周りは白い果実で覆われていました。

試しにその白い果実をかじってみると、

「これメロン、やん」

 

つまり、緑色のメロンと瓜二つの味がしたのです。

黄色いメロンだろうが緑色のメロンだろうが味はだいたい一緒ということがわかりました。

種は緑のメロンと同じく、食べれなそうだったので外すのが賢明でしょう。

ゆえに、チャメの切り方は、

普通のメロンと同じくU字型に切るのが良いです。

チャメ

僕は最初に半分に切ってしまったので、このような形になりましたが笑

チャメ

この形ならば種をスプーンで取りやすく、白い果実をかじりやすいようになりました。

 

チャメを食べるメリットを考えてみた

チャメはなぜスーパーで売れるのか?

何か人気の秘密があるのか??

 

そんなチャメが売られる理由を考えて見たところ、

やはり最大の魅力は「皮」にあるのだと確信しました。

味はメロンといっしょ。

しかし、皮が柔らかく包丁でをむきやすいのがこの果物の特徴なのです。

チャメ

緑のメロンの皮といえばむちゃくちゃ剛性があり、ちょっとやそんじょの力では皮をむけないでしょう。

チャメ

ただ、メロンの皮をむく体力や気力はないけど、メロンの味を口に入れたい。。

 

そんな時にチャメの出番というわけ。

本当に皮が柔らかく、まるでりんごりんごのようにスラスラと包丁で剥けるのです。

メロン好きだけど、メロンをセットアップする体力がない方におすすめの果物だと思いました。

味はあのメロンです。

 

もしチャメをスーパーで見かけたら一度チャレンジしてみてくださいね。

 

それでは!

Ken

LINEで送る
Pocket