現地通貨はNG!?カンボジアで通貨を両替する前に知っておきたい3つのこと

スポンサーリンク


カンボジアの通貨両替には気をつけろ!

どうも、Kenです。水、持ち出してます。

 

カンボジア旅行する前に知っておくべきことがあります。

それは、

カンボジア通貨の両替についてです。

 

ぼくは、通貨についてろくに調べずにカンボジアへ入国してしまった結果、お金の面で痛い目を見てしまったのです。

今日はそんなぼくの経験を生かして、

カンボジア旅行前に知っておきたい!カンボジアの通貨両替事情

を書いてみました。

カンボジア旅行前によかったら参考にしてください。

 

 

両替前に知っておきたい!カンボジアの通貨事情4つ

カンボジア旅行前に知っておきたい通貨事情は次の4つです。

Sponsored Link

 

その1. アメリカドルに両替するべし

カンボジアを旅行するときは、

アメリカのドルに両替するのが良策です。

なぜなら、ほとんどのお店でドルが基本通貨として扱われているからです。

 

カンボジアには現地通貨の「リエル」というものが存在しているのですが、リエルははっきり言ってサブの通貨。

カンボジア 通貨 両替

1ドル以下の細かいお釣りがリエルで支払われる程度で、街のどこを探してもリエルで値段を表記している商店は見当たりませんでした。

 

ぼくはカンボジア通貨に疎かったので、カンボジアに到着してから空港で1万円札を大量のリエルと両替。

カンボジア通貨リエルがあればなんとかなると思っていたのです。

 

が、しかし、空港の外に出てみると、支払いは基本的にドル払いでした。

空港からのタクシーもアメリカドル払いでしたね。

 

カンボジアの現地通貨リエルの存在感がまるでない。。

大量に抱えたリエルは一体どうるなるのか??と不安になってきました。

 

おそるおそる、タクシーの運転手にカンボジア通貨事情をきいてみると、

カンボジアの現地人でさえリエルじゃなくてドルを使うよ。

だって、カンボジアの通貨は安いしな!

というではないですか。

く、くそ!

 

 

その2. 現地通貨リエルは米ドルの代わりに使える

えっ。

ぼくみたいにカンボジアの現地通貨リエルを大量に保持してしまいました??

絶望的になるのはまだ早いです。

 

カンボジアではもちろん、現地通貨リエルも使えます笑

アメリカドルで請求されても、

リエル?

と語尾を上げてききかえせばカンボジアの現地通貨での支払いも可能です。

 

ぼくはあまりにも大量のリエルを抱え込んでしまっていたため、旅行の前半は、カンボジアの至るところで、

リエル?

を連発していましたね。

 

 

その3. 「1アメリカドル=4000リエル」のレートで取引されていた

アメリカドルの代わりに、カンボジアの現地通貨リエルを使いたいときありますよね??

そんなときは、

米国1ドル = 4000リエル

で支払うことができます。

※2016年12月のレート

 

カンボジア 通貨 両替

 

たとえば、カンボジアのレストランで3ドルのグリーンカレーを食したとしましょう。

もし、ぼくのように米ドルを持っていなくてリエルで支払いたい場合は、

3×4000 = 12,000リエル

を支払えばいいわけですね。

リエルで支払うときは高額のレートをふっかけられないように注意しましょう!

 

 

カンボジアでは現地通貨リエルではなくアメリカドルに両替しよう!

カンボジア旅行に来たからといって、現地通貨リエルに全額両替してはいけません。

カンボジアに到着したら一旦深呼吸して、

アメリカドルに両替しましょう。

もし、ぼくのように誤ってカンボジア通貨リエルに大量両替してしまっても大丈夫。

1ドルあたり4000リエルでちょくちょく使えますよ。

それでは!

Ken

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です