【3月11日】東日本大震災から3年たって考えること

スポンサーリンク

 

東日本大震災三月十一日から丸3年

2011年3月11日。東日本大震災が起きた、あの日から丸3年がたちました。

当時、中学一年生だった思春期の清純娘は高校一年生のギャルになり、ハイハイを始めたばかりの息子はすっかり、やんちゃ坊主になってしまうほど時がたちました。

ぼくにとってあの大震災はすごく大きな出来事でした。なぜなら、1990年に生まれたぼくにとって、始めて自分の生活を揺るがす自体に遭遇していたからです。いつ、何が起こるか、どこに危険があるのかわからない。あのときは必死に未来を見つめていました。

読者の方は、あの日から3年たった今なにをお考えでしょうか??

ときが経つのは早いなあ、と神様に文句を言ったり、

3年前のあの日の出来事を思い返しているかもしれません。

 

震災から3年たって気づいたこと

今日、あの日を思い返してみて一つ気づいたことがあります。

それは、東日本大震災が起きた3月11日という日に記憶のドットが打たれるということです。

つまり、その年ごとの3月11日に起きた出来事を鮮明に思い出せるということです。

普段過ぎ行く日々は何も意識していません。その日に起きたできごとなどすぐに忘れてしまいます。余程、人生で初めて彼女ができた日であったり、人の命を救った日であったり、包茎から脱した日なら話は別です。

Sponsored Link

ただ、この3月11日という日は別の話。震災のことをその日に思い出すだけで、その日の記憶が頭の片隅に残ります。

長々とした前置きになりましたが、簡単にぼくがこの3年間でこの日に何をしていたのか、ということについて書いてみました。

 

2011年3月11日のぼくの記憶

東日本大震災が起きたあの日、ぼくは自宅にいました。

当時大学3年生で春休みの真っ最中でした。大学3年生といえば、就職活動をしなければいけない年頃です。しかし、ぼくは留学をしたい、という漠然とした想いから、就職活動に全くチカラを注いでいませんでした。

その代わりに、自宅の机でTOEFL スピーキング・ライティングのオンライン講座を受講していました。

そんなぼくが受けた地震からの影響は幸いにも机の揺れだけ。ほとんどありませんでした。たしかぼくは購入したばかりのヘッドセットを装着して、パソコンに向かって独り言の英語を喋っていました、ただの引きこもり英語勉強オタクであったことが幸いしました。いやあ、今になって冷静に考えるとただのキモイやつですね笑。いまのぼくだったら、外に出て外国人の女の子を捕まえて話せ!といいたいです。ただ、7階建てのマンションの7階だったので、地上よりも揺れました。自分のパソコンに本が崩れ落ちないようにすることで精一杯でした。

あの後、未曾有の危機にかなり混乱しました。そのため、最も信頼性のおけないはずの2ちゃんねるの情報をもとに様々な行動をカタチにしました。たしか、「おまいら、風呂の水を満タンに入れとけ!」なんていう発言を信じて、必死に浴槽を満たしていました笑

 

2012年3月11日のぼくの記憶

今でも鮮明に覚えています。あのときはたしか地元のアウトレットモールで買い物をしていました。地震が起きたあの時間になると、黙とうの放送が入ったのです。ぼくは買い物中で浮かれていました。しかし、あの時ばかりは真面目に黙とうをしました。なぜ、リア充の宝庫であるアウトレットモールに引きこもりのぼくが来ていたのでしょう?

それは、たしか留学用の服装のバリエーションを増やすことに専念していたからです。丁度3月の頭に地方自治体が提供する奨学金でアメリカに留学できることが決まったのでした。

 

2013年3月11日のぼくの記憶

ごめんなさい。冒頭に、毎年震災を思い出すことで3月11日の記憶が残り続けると言いました。

しかし、この年のぼくの記憶は正直ありません笑。

これは記事が書けない!やばい・・・

と狼狽してぼくのFacebookを確認してみました。すると、3月10日にナイアガラでの記念撮影の写真がアップされている事実を発見していまいました。

この揺るがない事実から推測すると、

ぼくはカナダ旅行を満喫していました笑。

この年に限っては震災のことを思いださなかったようです。日本のメディアからも隔離されていたのが問題かもしれません。申し訳ないです。

 

2014年3月11日のぼくの記憶

この日はぼくは某IT会社の説明会の席にいました。説明会の開始時間が14:30でした。

そのため、人事採用担当のショートカットのいけ好かない女性が話始めた時間がまさに震災が起きたときの時間でした。人事の女性はクソ真面目タイプで余裕もなく、震災の話題は一度も話されることはありませんでした。たぶんこの会社には縁がないでしょう。

 

東日本大震災からの3年を振り返ってみて

3年間の自分の行動を振り返ると、自分の進んできた軌跡が見えてきます。

ぼく場合で言えば、

世間流れと逆行(就活でなくTOEFLの勉強)
↓↓↓

留学の準備

↓↓↓

留学

↓↓↓

就活(ようやく笑)

といった具合です。来年の2015年の3月11日も忘れずに震災のことを思い出したいです。そのことで、自分の行動の記憶を頭の片隅に残しておきたいです。

読者の皆様もこの日の自分の毎年の行動を思い起こしてはいかがでしょうか??

自然と進むべき道がみえてくるはずです笑

それでは。

Ken Sawai

 

 

 

LINEで送る
Pocket

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です