誰もが驚愕する大どんでん返し映画おすすめの10作品

スポンサーリンク

 

ときどき、映画に大どんでん返しされたい。

映画の醍醐味の一つに、「大どんでん返し」が挙げられま。現実世界で他人にだまされたり、オレオレ詐欺に遭遇したり、嘘をつかれたりするのは嫌ですよね!?  しかし、映画の中では話はまったく別。ぼくたち人間はどうやら騙されたがっているようですね、はい笑 騙されると逆にスッキリする方だっています。

大どんでん返しの映画おすすめ

そんな強引な流れで、大どんでん返しが見所である映画に関するこんな記事を書いてみました。

題して、

もう一度観たい!? 大どんでん返し映画おすすめの10作品

です。日常に徐々に飽きを感じてきたマダムやビジネスマンの方、さらには学生などその他諸々の方が参考にしてくださると嬉しいです。以下がもくじです。

  1. サスペンス系大どんでん返し映画
  2. SF系どんでん返し映画
  3. じ、時系列トリック!?どんでん返し映画
  4. 主人公のせいにしたくなる大どんでん返し映画

 

それではさっそく見ていきましょう!

 

サスペンス系の大どんでん返し映画3作品

まずは自分のお尻がひやっとしてしまうサスペンス系の大どんでん返し映画を3つほど紹介します。普段好んで読む小説がホラー系であったり、殺人事件が頻繁に起きるミステリーだったりする方は好きになるかもしれませんね。

 

プレステージ(2006年:原題 The Prestage)

二人の天才手品師が恨み合い復習し合う物語。マジシャン同士のいたちごっこが続くので、復讐ものが好きではない方にはおすすめできませんね。ただ、漠然と映画を眺めているだけだとマジックにかかってしまうのでご用心を。最後の最後のワンカットで物語が覆る大どんでん返し映画の代表作です。

Sponsored Link

 

パッション(2010年:原題 Passion)

こちらも復讐の物語。広告代理店で働く2人の女が出世をめぐるトラブルで恨み合う関係になるところから話が始まります。互いに復讐をし、されることを繰り返した結果、主人公のイザベルがついに・・・・

ぼくはこの作品を映画館で鑑賞していました。最後の最後のシーンは意外な展開すぎて、シートからケツが浮いていました笑 もう映画の鑑賞後は誰ともしばらく口を聞けないほどでしたよ。最近、ドキドキが足らないなあ、という自覚症状がある方におすすめの映画です。

 

シックス・センス(1999年:原題 Six Sense)

大どんでん返し映画の有名どころシックスセンス。ぼくは、映画好きの友人に「シックスセンスを観てない奴は人生損してるよ」と言われて鑑賞するに至りました笑 映画のカテゴリー的にはホラー映画とされていますが、実際はホラーとサスペンス要素が入り交じったハイブリット作品。そんなにホラーホラーしていませんのでホラー恐怖症の方でもご覧になれます。ぼくは名探偵コナンの殺人シーンで怖さを感じる芋野郎だったので、正直観るに耐えない作品でしたね笑

ただ、最後のどんでん返しは噂通り。もしくはそれ以上のものでした。ぼくの友人の言葉通り、この大どんでん返し映画を観ていない方は人生を損していると思いますよw

 

 

トランス(2013年:原題 Trance)

盗まれそうになった絵画を救った主人公が記憶喪失してしまう!?

そんな奇異なシチュエーションからこの映画の物語がスタートします。超高級絵画を盗もうとしたギャングたちは、あの手この手で主人公の記憶を引き出そうとします。そんな試行錯誤の中、ギャングたちは催眠療法を使って記憶を呼び覚まさせようとし・・・・

なんていうハチャメチャな物語です笑 ただ、この映画の衝撃のラストは観ないと損です。とんでもない大どんでん返しが待っています。すべてが解き明かされるラストシーンでは思わず身震いをしてしまうはず!

 

 

SF系の大どんでん返し映画2作品

さて、次にSF系の大どんでん返し映画を紹介します。SFの世界ならば主人公がどんな特殊能力を持とうが、未来を語ろうが、なんだってやり放題。そんな世界の常識から超越している物語の中の大どんでん返し映画をみてみましょう!

 

バタフライ・エフェクト(2004年:原題 The Butterfly Effect)

父からの遺伝により生まれつき過去に戻れる特殊能力を持った主人公。彼がその特殊能力を使ったのは愛する女性を救うためだった!? 過去に戻って未来を変えようとするも中々うまく行かずに葛藤する様子に注目です。映画の撮影方法はホラー・サスペンスの映画のように撮影されているので、最初から息を休むことができません。息をこらして映画のどんでん返しに注目してくださいな。

 

インセプション(2010年:原題 Inception)

他人の夢の中に入り込み、深層意識を操作したり大事な情報を盗むスパイ。そんな21世紀を先取りしたヤバい奴らが活躍するのがこのインセプションという映画です。前代未聞の物語ですので初見の方は戸惑うかもしれません。ただ、一度基本ルールを理解していまえばこのSFの世界の虜になります。

この映画はSFの代表作として捉えられることが多いですが、ぼくは大どんでん返しの映画の一つとして認識しています。映画の最後の最後の意味深なワンシーンに注目してください。きっともう一度観たくなりますよ。

あ、あとそれから、渡辺謙さんの立ち位置にも注目です。映画の中では準主人公のような位置です。ぼくは個人的に、ドラゴンボールのベジータのようなキャラ立ちだなあ、と笑ってしまいました笑

 

 

じ、時系列が!?大どんでん返し映画2作品

映画は、観客に見せる物語のピースを自分で決定することができます。なにも、物語の順序通りに映画の時系列を組み立てる必要なんてどこにもないのです。そんな映画の特殊性を利用した時系列トリック満載の大どんでん返し映画を紹介しちゃいます。

 

ドニー・ダーコ(2001年:原題 Donnie Darko)

ぼくが好きだったアメリカの女の子が好きだった映画です笑 彼女に少しでも近づくためにこの映画を鑑賞したおぼえがあります。ただ、決してこれは普通の女の子が好きなふわふわした恋愛映画なんかではありません。むしろ、鑑賞後に不気味な後味が残るなんとも不思議な映画です。映画を最後まで観きって初めて物語の時系列が完成します。そのため、映画の最後の最後に「ぬわーー」と叫びだくなりますよ。

 

パルプ・フェイクション(1994年:原題 Pulp Fiction)

世界的に有名な映画作品。ちょうど映画の最初のシーンとラストシーンがつながる時系列に注目してください。登場人物の服装や言動に注意して鑑賞すると、最後にきっと「あああーーー」と叫び声をあげたくなるはずです。ぼくはタランティーノ監督の作品だと身構えてグロいシーンに注意していましたが、そんなことはありませんでした。グロが苦手な方でも安心して鑑賞することができますよ。

 

 

主人公のせいにしたくなる大どんでん返し映画

視点が主人公仕様になっている映画があります。そんな映画の中から、その主人公のせいで大どんでん返しの映画になってしまった作品を紹介します笑 なんだかすごいいい加減なカテゴリーで申し訳ないです。

 

ライフ・オブ・パイ/ トラと漂流した227日(2012年:原題 Life of Pie)

ピシン・モリトール・パテルという男が一生を語る物語。ぼくが個人的に一番笑ったのは「ピシン」が「パイ」と呼ばれるようになった由来です。これから映画を観る方は冒頭に登場するこのエピソードに注目してください笑

物語はいたってシンプルで幻想的に仕上がっています。ものすごくシンプルに言えばトラと一緒に漂流するはめになったパイの体験談です。ただ、ここでは詳しくは言えませんが、映画の終盤にとんでもないどんでん返しが待っています。乞うご期待。

 

ファイト・クラブ(1999年:原題 Fight Club)

不眠症に悩む主人公がある日、石けん売りの男と出会う。彼らが立ち上げた秘密組織ファイトクラブとその周辺により物語が進行していきます。注目の大どんでん返しは映画の最後の最後で登場します。訳が分からない、美女が登場しない、と憤らずに最後まで鑑賞してみてくださいね。

 

ビューティフルマインド(2002年:原題 A Beautiful Mind)

ノーベル賞を受賞した天才数学者ジョン・ナッシュを主人公とした映画。ナッシュ均衡という経済用語をご存知ですよね!?それで有名な方ですよ汗

冷戦時代に暗号解読のスペシャリストとして働く一方、大学で数学の教鞭もとっていたナッシュ。無事に魅力的な女性とも巡り会い結婚します。そんな順風満帆にも見える人生に嵐がやってきた!?

そんなお話です笑 物語の終盤で映画の大前提としていたものが突如崩されます。注意深く鑑賞してみてくださいね。

 

鑑定士と顔のない依頼人(2013年:原題  The Best Offer)

生涯独身の超有名鑑定士ヴァージルが主人公です。彼は美術品や骨董品のオークションを取り仕切るプロフェッショナル。毎日がっぽがっぽお金を稼いでいました。そんなヴァージルのもとに、一通の不可思議な依頼が舞い込みます。なんと依頼者は広場恐怖症で家の中から出られない女性であるらしいのです。そんな彼女からの依頼から物語がぐいぐい動いていく映画です。

ぼくはこの映画を名画座でみました。 全然期待していなかったのですが、その衝撃のラストに思わず身震いしました。その後の数日間はあまりの衝撃で他人を信じられなくなっていましたね笑 新作の映画で大どんでん返しものを探している方にはぜひおすすめします。

 

 

さぁ、大どんでん返し映画を満喫しよう!

ふう。ここまでぼくが「大どんでん返し」された映画をコツコツと紹介してきました。

この記事を読んで映画を鑑賞した一人でも多くの方が腰を抜かすことを夢見ています。なにか他にもおすすめのどんでん返し映画がありましたら教えてくださいね。

それでは。

Ken Sawai

<<関連記事>>

LINEで送る
Pocket

You may also like...

6 Responses

  1. SUM より:

    2001年宇宙の旅を観終わって訳がわからず解説を読ませていただき、その流れで大どんでん返し映画のコラムを発見しました!
    インセプション良かったですねー。「コマがクルクル…あれ?」なオチを見せない演出がニクい。私もコマは回り続ける派です(笑)

    ここに載っていない大どんでん返し映画でオススメがあります。
    「クローン」という作品です。原作はSF短編小説の巨匠P・K・ディック。異星人ケンタウリとの戦争が続き、敗北寸前の地球が舞台です。戦局を一変させられる超兵器を開発中の科学者が、治安部隊に偽物にすり替わり心臓に爆弾を抱えた暗殺兵器だと断定され、追いつめられていく映画です。
    逃亡者のSF版みたいな感じですが、原作の大どんでん返しにもう一捻り加えた作品になってました。
    良かったら見てください!

    • Ken Sawai Ken Sawai より:

      SUMさん

      おお!コマが回り続ける派ですか笑

      「クローン」、逃亡者のSF版とは興味をそそります!!TSUTAYAでさがしてみますね^_^

      おすすめありがとうございます!!

  1. 2014年9月27日

    […] 誰もが驚愕する大どんでん返し映画おすすめの10作品 […]

  2. 2014年9月27日

    […] 誰もが驚愕する大どんでん返し映画おすすめの10作品 […]

  3. 2014年9月29日

    […] 誰もが驚愕する大どんでん返し映画おすすめの10作品 […]

  4. 2014年11月14日

    […] 誰もが驚愕する大どんでん返し映画おすすめの10作品 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です