「レンタル彼氏」が「レンタル彼女」より検索されている4つの理由

スポンサーリンク

 

「レンタル彼氏」が「レンタル彼女」より検索されている!?

レンタル彼女

先日、Goodfindさんが主催するキーワードマーケティング研究所の説明会に参加してきました。

その説明会の中で、キーワードマーケティング研究所の社長の方が、

月間キーワード検索数は「需要」、検索結果のリスティング広告は「供給」表している

とおっしゃってました。たとえば、「Wordpress」というキーワードは日本において月間11100回検索されているワードです。これは誰でもGoogle Keyword Plannerを使えば知ることができます!

wordpress2

その「Wordpress」というワードが検索されたときに見やすいところに表示させてやるからクリックごとに330円をいただくよ、という契約を、グーグルが売り手側のユーザーと結ぶわけです。もしこの値段に同意するならば、下の図の赤枠で囲んだ部分に広告(リスティング広告)を出すことができるのです。

wordpress

したがって、月間検索数は生活者の需要、リスティング広告は売り手側の需要と言い換えることできますよね??

うーん、誰でも世間の需要と供給を確認できる時代。興味深いですね。

Sponsored Link

 

そこでキーワードマーケティング研究所の社長は、ぼくたちに理解を深めさせるために次の問いを投げかけてきたのです。

「レンタル彼氏」と「レンタル彼女」のどちらが検索されているでしょうか??

じつは一度「レンタル彼女」というキーワードを検索したことがあるぼくは、当然「レンタル彼女」というワードのほうが多いと踏んでいました。なぜなら、インターネットユーザーは男性のほうが多く、異性に対する性欲というか、欲求は男性のほうが強いものだと踏んでいたからです。その証拠にwikipediaによると、

「ネットレイティングス」の調査によると、インターネット利用者の男女構成比は男性55.5%、女性44.5%となっている。

らしいです。

しかししかし。答えは全く逆。なんと「レンタル彼女」のほうが多く検索されているというのです。

レンタル彼女

さすがの社長もこの問いに対する的確な解答を持っていませんでした。そこで今日は、

???なぜ「レンタル彼氏」のほうが「レンタル彼女」よりも検索されているのか???

という深い深い問いに対する答えを探っていきます。

 

レンタル彼女・彼氏とはどんなサービスか??

まずはこの奇怪だが魅力のあるサービス概要を的確に述べてしまいましょう。

このサービスはずばり、恋人をレンタルすることができるサービスです笑。

モテない男性は「彼女」をレンタル、モテない女性は「彼氏」をレンタルするわけです。くうう・・・

料金はレンタル彼氏の場合は一時間4000円+出張費、レンタル彼女は一時間5000円+出張費だそうです。高いのか安いのかわからないですねww

詳細は以下のサービス紹介動画をご覧下さいね。。

 

なぜ「レンタル彼氏」が「レンタル彼女」よりも検索されるのか??

さて、そろそろ本題です。

ぼくが個人的に考えるこの現象の原因・理由を仮説的に4つほど考えてみました。

 

1.男と女の性質の違い

まず考えられるのが男女が持つ異なる性質という原因です。

男女間では身体の構造が異なることはもちろん、異性に対する意識の仕方も異なりますよね?そんな性的違いが検索する動機に直結しているのではないか、と考えました。

 

口コミが好きな女性

よく女性は男性より口コミ情報を信用すると言われます。それを断片的に示す情報がありました。男性は「比較」女性は「クチコミ」「サンプル」で購入検討/消費行動に関する調査によると、ある商品を購入する際に口コミ情報サイトを利用する割合が多いことがわかります。そのため、女性のほうが「レンタル彼氏」に関するインターネット上の口コミ情報を広い集めようとしているのではないか、という仮説を立てることができます。

 

[Q2-2](http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2008/06/19/3336より引用)

プラトニックラブを好む女性

また、女性と男性では恋愛の捉え方が異なります。よく女性はプラトニックラブという肉体的でない精神的な愛を求めるといわれています。そのため、肉体経験が伴うことのないレンタル彼氏というサービスはまさに女性のニーズを捉えたものなのかもしれません。また逆に男性にとっては、肉体的な愛が伴わない関係は無に等しいものです(たぶんw)。この男女の恋愛観の違いからこの検索数の違いが生み出されている可能性があります。そのため、利用料金が俗にいう風俗店よりも高いこのサービスを利用する男性客は少ないのでしょう。

2.メディアへの露出度の違い

さて、次にメディアへ露出された度合いの相違点を探ってみましょう。

YouTubeで「レンタル彼氏」、「レンタル彼女」と検索すると、それぞれのサービスについて潜入調査した番組がアップされていることに気づきます。このアップ数はほぼ同じです。このサービスを運営している会社のRENTグループの動画チャンネルをご覧ください。だいたいテレビへの露出度は同じですね。

では、男女の間で何が違うのか??それはテレビというメディアの視聴時間です。放送倫理・番組向上機構によると、平日在宅時の時間におけるテレビ視聴時間は女性のほうが男性より多いというデータがあります(詳細はコチラ)

つまり、メディアに取り挙げられた時間の尺は同じでもメディアへの接触時間が女性のほうが多いというわけです。

 

 

3.検索エンジンに問題がある

次考えられるのが検索エンジンGoogleの問題です。

じつは調査に調査を重ねた結果、グーグルの検索方法に問題点を発揮しました。それは、グーグルサジェストという検索補助機能です。Googleの検索窓に「レン」という言葉を打ち込むと次のキーワード群がサジェストされます。

レンタル彼氏

 

すでにこの時点で上から三番目に「レンタル彼氏」というキーワードがサジェストされています。しかも「恋愛」というキーワードを抑えての堂々の3位ですwww

つぎにカタカナの「タ」を足して「レンタ」としてみましょう。すると、

レンタル彼氏

 

すると、「レンタル彼氏」は一つ順位を上げて第2位になりました。続けて「レンタル」と打ち込んでみましょう。

レンタル彼氏

 

この時点で「レンタル彼氏」というワードは一番Googleがオススメする言葉になってしまいました。強いですねww

バイクもサーバーもDVDもドレスもオフィスも抑えて堂々の一位です。これによって、レンタルという言葉を検索にかける人にも、この「レンタル彼氏」という言葉が目に留まることになります。そこで、「レンタル」というキーワードの月間検索数を調査したところ、

rental5

 

月間に14800回も検索されていることがわかりました。このように「レンタル」と検索する人の中は老若男女ですが、もちろん異性に飢えた女性や今の彼氏に満足できない女性だって含まれるはずです。それゆえ、「レンタル彼氏」というキーワードは「レンタル」と検索したユーザーも拾い上げているのではないか、という仮説を立てることができます。

 

4.草食男子の増加(異性への需要の違い)

最後に考えられるのが需要量の違いです。つまり、彼氏を欲している女性のほうが彼女を欲している男性より多いのではないか、ということです。

こんなおいしい状況が現代社会には存在しているのか?

そんな質問に答えるためにさっそく調査してみました。「草食男子 統計」というキーワードをもとに調査をした結果、以下の統計資料を見つけることができました。(コチラより引用

こちらの資料によると、16歳から49歳までの男性のセックスに対する嫌悪感が全体的に増していることがわかります。ただ、これでは問題があり、仮説が成り立ちません。なぜなら、女性のセックス嫌悪度も同様に2008年から2010年の2年間で上昇しているからです笑。

逆にこのデータは一つ目の仮説である男女の根本的な違い、という原因を支持する証拠になります。なぜなら、女性のセックスに対する嫌悪感の増加は、性関係を友わない愛(プラトニックラブ)への傾倒につながるからです。セックスを伴わない関係を求めすぎるあまり、レンタル彼氏というサービスに対する需要が大きいのかもしれませんね。

 

レンタル彼氏がレンタル彼女より検索されている理由・・・

ここまで仮説的に現象の理由を考えてきました。執筆以前より少しだけ真実に迫れたような気がしますww

ただ、一人の男性として悲しいのは、リアルよりもレンタルの男子のほうが人気が高いということです。このサービスが結婚率や出産率低下につながらなければいいですが・・・・

それでは。

Ken Sawai

LINEで送る
Pocket

You may also like...

2 Responses

  1. asako より:

    ゲスな女の意見ですが、レンタル彼氏の検索の方が多いの理由には女性向け風俗が表立って存在しないからというのもあると思います。
    男性にとって「デリヘル」「風俗」等で検索できる情報でも、女性の場合「レンタル彼氏」「出張ホスト」など少し回りくどいワードで検索しないといけなかったりします(笑)
    レンタル彼女とレンタル彼氏が同義じゃないことを前提においての話なんですけどね…。

  1. 2014年9月27日

    […] 「レンタル彼氏」が「レンタル彼女」より検索されている4つの理由 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です