【心理学】初めての映画デートを成功させる6つのコツ

スポンサーリンク


 

初めての映画デートにおすすめの作品は!?

こんにちは、この記事を書いているKenです。月いちのペースで職務質問されています。

 

映画はデートの定番です。

映画館に足を運んでもいいし、家で映画をDVDやVHSで鑑賞したって構いません。映画で恋愛映画をみるもよし!スポ根映画をみるもよし!

映画を鑑賞するだけで、二人に共通の話題が誕生します。ただ映画をみるだけで、二人の会話がぶくぶく盛り上がるのです。映画をデートに利用しない手はありません!

映画デート おすすめ

デートのネタに困ったら映画!

し、しかしながら、です。

映画をただ漠然と鑑賞しているだけではデートで奇跡を起こせません。映画館を出た後も、家でDVDをケースに戻した後も二人の間の距離は縮まらないまま。いわゆる平行線というやつです。

これでは映画のチケット代やDVDのレンタル料金がただの浪費になってしまいますよね??? せっかくデートで映画をみたのにモッタイナさすぎます。

それでは、ぼくらはどのようにして映画でデートを制することができるのでしょうか!? 何かおすすめの方法があったら教えてほしい。そう思いませんか??

そこで今日は映画デートに関するこんな記事を書いてみました。

その名も、

Sponsored Link

【心理学】初めての映画デートを成功させる6つのコツ

です。映画デートを成功させるためには何だって使う。どんな学問だって活かしたい。

そんな想いから、心理現象に基づいた映画デートのコツを4つ生み出しました。デートのネタに困ったときは心理学助けを求めましょう!!

 

 

初めての映画デートに活用できる6つのおすすめ心理戦術

映画デートに使える心理戦術を洗い出すため、「お客をつかむウェブ心理学」という書籍を参考にしました。

たまには「手」をつかむために心理学を使ってもいいはずです笑

全217ページにも及ぶ本書を参考にしたところ、6つの心理学の効果が「映画デート」に適応できると判断しました。

  1. 吊り橋効果
  2. 同調効果
  3. プライミング効果
  4. エスカレーター効果
  5. ザイオンス効果
  6. カクテルパーティー効果

この6つの戦術を確認しながら具体的な映画作品を紹介していきます。家デート用の映画DVD選びや、映画館のラインナップから作品を選ぶ参考にしてくださると嬉しいです。

 

1.  吊り橋効果(一緒にドキドキする映画をみろ!)

恋愛心理学で有名なものに「吊り橋効果」というものがあります。先ほど紹介した「ウェブ心理学」によると、

危険や苦難をともに経験することで、連帯感や恋愛感情が生まれるという心理学現象のこと

を「吊り橋効果」と呼んでいます。一緒に吊り橋を渡った女の子を好きになる。一緒に闘牛に追いかけられた異性を好きになる。そんな経験ありませんか??

この心理学現象を「映画デート」に応用すると、

ハラハラする映画をデートでみれば連帯感や恋愛感情が生まれる

ということになります。ここで言う「ハラハラする映画」とはたとえば、

  • お化けが山のように登場するホラー映画
  • 何人が消されるかわからないサスペンス映画

のことです。ホラーやサスペンス。いずれかのジャンルの映画をみれば、吊り橋効果をいかせるはずです。吊り橋効果に最適な映画例をあげておきましょう。

たとえば、ホラーとサスペンスのコラボ作品である「シックスセンス」や、

最後まで目が離せない「バタフライイフェクト」などを鑑賞してみてはいかがでしょう?!

きっと吊り橋を渡ったとき以上の親近感が得られるはずです笑

 

 

2. 同調効果(恋愛映画を一緒にみて共感する!)

2つ目の心理学現象は「同調効果」と呼ばれるものです。マーケティングwikiによると、

周りの人と同じ行動をしていると安心し、逆に自分が正しいと思っても他の人が異なる行動をしている場合には不安になるといった集団心理のこと

だそうです。

クラスのみんながポケモンを買ったからポケモンにハマる。周囲の男子がユニクロのジャケットを買ったから買ってみる。周囲の友人に恋人がいないから自分もいなくていいと思ってしまう。

そんな経験ありませんか?? これを「映画デート」に応用すると、

デートで恋愛映画をみて主人公のような恋愛をしたくなる

という可能性があります笑 つまり、カップルが幾多の喧嘩を乗り越えて仲直りする恋愛映画。偶然に偶然を重ねたような出会いで結ばれたカップルの話の映画。そんなアツい恋愛映画をデートで鑑賞すればいいわけですね。

すると、映画を鑑賞していた自分たちもアツい恋愛をしたくなる「可能性」があります。

たとえばそうですね。映画デートで活用できる恋愛映画は「恋人までの距離」とか、

「ノッティングヒルの恋人」なんかがおすすめです。

片方が亡くなるバッドエンドの恋愛映画や、カップルが喧嘩別れする映画。こいつらをチョイスしないことをおすすめします。さもなくば、悪い意味で同調効果を引き起すことになります笑

 

3.  プライミング効果(口コミの評価が高い映画を選べ!)

心理学現象の一つに「プライミング効果」というものがあります。ウェブ心理学によると、

先に与えられた情報が、後の情報に影響を及ぼす心理現象

のことを指すようです。

口コミで一番人気のある化粧品を買ってしまった・・・・

Google検索で一番上に出てきた情報を信用してしまった・・・・

そんな経験ありませんか?? このプライミング効果を映画デートに応用すると、

口コミの評価が高い映画をデートで鑑賞する

という戦術が生まれます。映画館デートをする方は「ぴあ生活」で放映中の映画の口コミを確認。また、家で映画デートをする、と目論んでいる方は、IMDbの「映画TOP250」を参考にしてみてはいかがでしょう??

口コミが高い映画をチョイスしました??

そしたら、「口コミが高い」という事実をデート相手に伝えてあげてください。そうすれば、映画の内容がカスだったとしても、事前に伝えた高評価の口コミが助けてくれるはずです。そうだろ!?プライミング効果?!

 

4. エスカレーター効果(大どんでん返しの映画を選べ!)

止まっているエスカレーターって昇りづらいですよね?? 普段動いているエスカレーターが止まっていると、普通に階段を登るより疲れたような気がします。

心理学には「エスカレーター効果」と呼ばれる現象があります。ウェブ心理学によると、

「こうなんだろうな」という予想に反することが起きたときの違和感はとても印象にのこる

というものです。普通にストーリーが運ぶと予想していた映画。それがある時点から予想外の方向に動き出す。そんな予想を裏切る映画に出くわすと、映画デートが印象的なものになるという訳ですね。

最近鑑賞した予想外系の映画でおすすめ作品は「鑑定士と顔のない依頼人」という映画です。

予想を裏切られるシーンは今でも印象に残っています。あ、でも一人でみたから独りの印象が残りましたけどね笑

 

5.  ザイオンス効果(長時間の映画よりも短時間の映画!)

心理学現象の一つに「ザイオンス効果」があります。別名、単純接触効果。ウェブ心理学によると、

接触回数が増えるにつれて親近感や好意が上がっていく現象のこと

です。通学途中で毎日みかける見知らぬ子を好きになってしまったり、頻繁にメールをくれる異性のことが気になってしまうことありませんか??

これを映画デートに応用すると、

長時間の映画を一度みるより、短時間の映画を数回みたほうがいい

ということになります。「クレオパトラ」のような長時間の映画(4時間11分)を一度だけ鑑賞するのではなく、

「the Lunch Date」のような短時間の映画(10分23秒)をデートで何度もみましょう。

短い映画を鑑賞し終えた後、また後日デートで映画をみようと誘えばいいのです。えっ!?そんな何度も映画を見たくないですって!?? そ、そりゃ・・・仕方ない・・か・・・

 

6.  カクテルパーティー効果(デート相手の名前が登場する映画を選べ!)

ざわざわと騒がしいパーティー会場にいても、自分の名前が呼ばれたことに気づけた。

そんな経験ありませんか? じつは心理学の「カクテルパーティー効果」が働いているからなのです。ウェブ心理学によると、

自分に関係ある情報には、無意識に注意、意識が向く現象

のことだそうです。これを映画デートというシチュエーションに応用すると、

自分の名前が登場する映画には注意を払い続けられる

ということになります。つまり、「デート相手の名前と同じ主人公が登場する映画」を選んでやればいいのです。もし、デート相手の名前が「春」でしたら、「春との旅」を選び、

デート相手の名が「マーティ」だったら「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を選べばいいわけです。

こうすれば、デート相手が退屈して途中で眠ってしまうという非常事態を避けることができますね。

 

 初めての映画デートは心理学で制す!

心理学を用いた6つの映画デート戦術はいかがだったでしょうか!?

こうして映画デートに関する記事を書いていると、映画デートの深さというものに気づかされます。どんなジャンルの映画を見るのか?? 映画館に行くのか? 家でDVDを見るか?? など「映画デート」という一つの事象だけで無数の選択肢が浮かび上がってきます。

選択肢が無数すぎて選べない・・・・

そんな方こそ、この記事で紹介した心理学戦術を採用してみてください。きっと、いや、たぶん、いやゼッタイに映画デートが成功すること間違いなしです。

それでは、また今度です。

Ken

 

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です